> 雑学 > 奈良の不運。かつての日本の首都ながら冷遇された近代について

奈良の不運。かつての日本の首都ながら冷遇された近代について

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.19

沖縄を除き、JRの特急が走っていない唯一の県

全国で唯一JRが通っていない都道府県はどこか?答えは沖縄県である。近年はモノレールが開通したものの、JRは走っていない県として知られている。

では、沖縄県以外でJRの特急が走っていない県はどこか?答えは意外なことに奈良県である。奈良県は人口こそ少ないものの、多数の世界遺産を抱えており、京都と並ぶ観光地だ。当然、奈良には観光客が多いのだが、なぜJRの特急が走っていないのだろう。

奈良県は近鉄王国

普通、人口が少ない県にはJRぐらいしか通っていなくて、私鉄といっても小規模のローカル私鉄しか走っていない。ところが奈良県では、私鉄日本一の路線距離を誇る近畿日本鉄道(近鉄)が縦横無尽に走り回っている。

有料特急も大阪方面はもちろん、京都や名古屋、伊勢方面までバンバン走っているのだ。奈良県内に特急停車駅も多く、近鉄特急はほとんど奈良県を経由している。

一方のJRは、複線なのは大阪方面と結ぶ大和路線だけで、他は全て単線。ほとんどが複線の近鉄とは大違いだ。無人駅も多く、大和路線以外はローカル線の趣である。

あまりにも寂しいJRの奈良駅

どんな田舎の県でも、県庁所在地の中心駅には特急が停車していたりして、それなりに賑わっている。食堂があったり、駅弁や土産物が売っている売店があったりする。

ところがJRの奈良駅にはそれがない。特急が停車していないのは当然だが、食堂はおろか立ち食いうどん屋もなく、駅弁を売っている売店すらない。唯一コンビニはあるが改札外だ。乗降客もラッシュ時を除いて少なく、そもそも観光地なのに観光客があまり見当たらない。

それもそのはず、観光地に近いのはJRの奈良駅ではなく、900mほど離れた近鉄奈良駅の方だ。奈良公園や東大寺に行くなら近鉄奈良駅の方がずっと近いし、奈良県庁や大型商業施設も近鉄奈良駅近くにある。奈良市の事実上の中心駅は近鉄奈良駅と言っていい。

JR西日本は近鉄に対抗して大阪方面には大和路快速を、京都方面にはみやこ路快速を走らせているが、大阪や京都への近さがかえって災いして、特急を走らせるメリットもなさそうだ。

関空特急「はるか」を奈良経由で走らせても面白いと思うが、そうすると新大阪駅を通れないばかりか、天王寺駅でスイッチバックしなければならず、さらに奈良線は単線部分が多いのでダイヤ調整が難しく、京都まで時間もかかりすぎるのだろう。奈良駅は2010年に高架化され立派な駅となったが、このままでは宝の持ち腐れである。

明治になって日本から抹消された奈良県

元々奈良と言えば、710年に平城京が完成して日本の首都だった地だ。しかしその寿命は僅か約70年。その後、794年に平安京が完成してからは約千年も京都が日本の首都であり続けた。

明治維新により、首都は京都から東京に移された。しかし千年で培われた歴史は深く、重要都市に変わりはない。一方の奈良にとって「失われた千年」はあまりにも大きかった。1868年(慶応4年)に奈良県が誕生し、1871年(明治4年)に奈良県は現在とほぼ同じ面積となった。

しかし5年後の1876年(明治9年)には、堺県(現在の大阪府南部)に吸収合併されてしまった。日本から「奈良県」が消滅したのである。かつては首都だった奈良はすっかり寂れた。明治政府にとって、奈良はさほど重要な地域ではなかったのだろう。

この奈良冷遇政策が、奈良の国鉄(現・JR)敷設に積極的でなかった原因ではないか。奈良県が再び「独立」するのは、11年後の1887年(明治20年)のことだった。

奈良人気質も原因?

奈良県人は比較的おっとりしていると言われる。「京都の着倒れ」「大阪の食い倒れ」に対して「奈良の寝倒れ」と呼ばれるのがその象徴だ。気候が温暖で作物はほっといても育つから、寝ていても生活できるというわけである。そのため競争心がない。冷遇されたのは、そんな県民性が災いしたのだろうか。

京都人は良くも悪くもプライドが高く、大阪を含む他の都市をバカにする。奈良人とは対照的だ。奈良は大阪への交通網が発達しており、多くの人は大阪へ通勤するので、大阪のベッドタウン化している。そのため奈良県民は「奈良府民」と揶揄される。これが京都の千年と奈良の70年の差なのだろうか。

リニア新幹線の開通で奈良は変わるか?

そんな奈良の状況も、2045年に東京―大阪間が開通予定のリニア新幹線で変わるかも知れない。リニア新幹線の途中駅として、奈良市が候補に挙がっているのだ。ルートを考えると、奈良市を通るのが最短距離だ。そうなると、京都はルートから外れる。

この計画に対して京都が「リニアは京都を通せ」と異を唱えたが、それに屈せず奈良県は今度こそ「寝倒れ」気質を返上するべきだ。何しろ奈良には、京都に負けないほどの文化遺産を抱えているのだから……。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加