> 雑学 > 名古屋に来たら、これは押さえよう!どえりゃー美味い、名古屋飯

名古屋に来たら、これは押さえよう!どえりゃー美味い、名古屋飯

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.09

近頃では「名古屋めし」なるものが流行っているようです。そこで、今日は、名古屋出身の筆者が、押さえておきたい名古屋飯をご紹介いたします!!!

1.名古屋めしとは

まず、名古屋飯とは何かを見ていきましょう。名古屋飯とは、名古屋から東京などの他の地方に進出してきた食事のことをいうそうです。ポイントは、必ずしも「発祥」でなくともよいという点だそうです。

たとえば、エビ天をおむすびの具とした「天むす」は、元々三重県の「千寿」というお店が発祥ですが、今日では「名古屋めし」に分類されるようです。面白いことなのですが、同じようなことが、ういろうでも起こっています。

名古屋でも人気のういろう店の「虎屋」(東京の“とらや”ではない)も、実は三重が本店のお店です。これも、名古屋駅で堂々と売っているので、名古屋のお店かというと実は違うのです。なぜ、このような“名古屋経済圏”の食べ物を「名古屋めし」というのか。

私なりの見解を申しますと、岐阜や三重などで販売していても、そこまで儲けが多くない反面、名古屋などの都市部で販売したほうが儲けが多く、また、ブランドとしてセットで売り出してもらった方が、販売もしやすい、という側面があると考えています。

こういったわけで、意外とふわふわした感じですが、美味い物が食えればそれもよし、ということでしょう。

2.ひつまぶし

では、名古屋めしの代表選手を挙げていきましょう。まず、「ひつまぶし」は、食べておいた方が良いです。あつた蓬莱軒の登録商標だそうです。

「ひつまぶし」の食べ方は、お店に行けばわかりますが、まず最初はそのまま食べ、次は薬味で、最後はお茶漬けで食べる、というのが基本です。

ちょっとくどめウナギのたれを出汁でちょうどいい感じにサラサラといただくのは、本当に美味しいです。「ひつまぶし」で有名なお店は、インターネットで調べれば、たいてい出てきます。名古屋駅でも食べられますから、ぜひ、名古屋に来たら食べてみてください。

3.麺類

日本は、そば文化の地域とうどん文化の地域、2つに分類できると、筆者は勝手に思っておりますが、名古屋は「きしめん」「味噌煮込み」「カレーうどん」に代表されるように、うどん文化です。

「きしめん」については、名古屋駅のプラットホームで食べられる「きしめん」が、今日では有名かもしれません。ああいった場所で食べる麺類の、なんと美味しいことでしょう。

「味噌煮込み」については、「山本屋総本家」というお店と「山本屋本店」というお店がありますが、どちらが人気という点については未だ決着がついていないようです。

なお、両者は、全く別の会社で、「山本屋総本家」は大正14年に名古屋の大須で始まり、「山本屋本店」は、昭和35年に会社設立がなされたそうです。

ほかにも、名古屋独特の麺類といえば、「台湾ラーメン」と「鉄板スパゲッティ」「あんかけスパゲッティ」が有名でしょう。

「台湾ラーメン」は、豚挽き肉、ニラ、長ネギ、もやしなどを唐辛子で辛く炒め、鳥ガラスープを加えたものだそうです。発祥は1970年代「味仙」で、台湾の方が発明したようです。

名古屋の中華料理屋やラーメン店では、メニューに加えられている場合も結構あり、一度食べてみるのもいいと思います。

「鉄板スパゲッティ」と「あんかけスパゲッティ」は、昔懐かしの喫茶店メニューでして、アルデンテが流行る前のメニューです。今日では、忘れられつつありましたが、再び盛り返してきている料理です。

4.お菓子

名古屋独特のお菓子として有名なのは、「ういろう」「鬼饅頭」でしょう。まず、「ういろう」については、なぜ名古屋で有名になったのかは不明です。

ういろうは、中国からの輸入品で、博多から入ってきたもののようです。また、全国に広まるきっかけを作ったのは京都だそうです。

もっとも1659年創業「餅文総本店」というお店が、ういろうを尾張藩主に献上していたという記録が残っているようで、この時期あたりに有名になったのかもしれません。

ちなみに、「餅文総本店」の商品は現在でも、名古屋駅のお土産コーナーで買えます。「鬼饅頭」というものは、サイコロ状のサツマイモがおまんじゅうにごろごろと入ったお菓子です。かつて、名古屋はサツマイモが良く採れたそうで、その名残で銘菓となったようです。

 

5.味噌

名古屋といえば、赤味噌ですね。赤味噌は、アミノ酸が豊富に含まれており、非常に体にいいそうです。

そんな味噌を使った料理といえば「味噌カツ」「味噌おでん」「どて煮」でしょう。これらのものは、既存の料理+赤味噌ということでパッとしないかもしれませんが、食べてみると意外と合います。ぜひ、食べてみてください。

6.その他

そのほかにも、「手羽先」や「小倉トースト」「モーニング」「名古屋コーチン」「エビフライ」など、さまざまなものがあります。さあ、みなさん。名古屋に行って、ぜひ、これらの食べ物を食べてみましょう!!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加