> 雑学 > プロ野球のメッカだった後楽園球場!日本唯一の近代的スタジアム

プロ野球のメッカだった後楽園球場!日本唯一の近代的スタジアム

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.24

近代的、都会的だった後楽園球場

 筆者が生涯行くことができなくて、心底悔やんでいる場所が二つある。一つ目は蔵前国技館だ。1985年(昭和60年)に両国国技館が完成するまで、年3回の大相撲の東京場所はここで行われていた。

 もう一つはプロ野球のメッカ・後楽園球場である。筆者は大阪に住んでいたので、東京にある蔵前や後楽園には行く機会がなかったのだ。後楽園が取り壊されたのが87年(昭和62年)だったので、蔵前とほぼ同時期に寿命を終えたことになる。

 当時の後楽園は読売ジャイアンツと日本ハム・ファイターズの本拠地だったが、パシフィック・リーグのことはあまり知らなかったため、巨人のみの本拠地と思っていた。阪神タイガースの本拠地である甲子園の正式名称は「阪神甲子園球場」なので、後楽園の“本名”も「巨人後楽園球場」だと思い込んでいたのである。

 甲子園と後楽園、名前がよく似ている上、阪神と巨人というライバル球団の本拠地、甲子園が6万人で後楽園が5万人の収容人員数を誇るという、共に日本最大級のスタジアムだった。

 だが、甲子園と後楽園はかなり様相が違っていた。後楽園は東京のド真ん中にある都会的な球場。一方の甲子園は大阪ではなく兵庫県西宮市という郊外にある球場。

 甲子園は内野が黒土で手書き式スコアボードという牧歌的な雰囲気だったが、後楽園は日本の球場としては初の全面電光掲示板、さらに日本初の人工芝球場という、実に近代的な設備を誇っていた。

 スタンドも甲子園は内外野とも一層式で同じ高さだったが、後楽園は外野席こそ低い一層式だったものの内野席は二層式、特に甲子園のアルプス・スタンドに当たる部分はジャンボ・スタンドと呼ばれ、高くそびえ立っていた。その高さは甲子園のアルプス・スタンドの比ではない。日本で唯一のメジャーリーグ的な雰囲気を持つ球場だった。

 当時は巨人戦ともなれば毎試合超満員。この近代的な球場で都会的な興奮を味わいながら生観戦してみたかった。

後楽園を本拠地にしたチームがなんと5球団!

 後楽園球場が完成したのは37年(昭和12年)、プロ野球のリーグ戦が開始された翌年である。メジャーリーグ仕様の二層式スタンドで、当然プロ野球のために建てられた。球場名の由来はもちろん、隣にある小石川後楽園からなのは言うまでもない。プロ野球のメッカになろうとするのだからそんな局地的な名称ではなく「東京球場」とでもすればいいと思うのだが、ひょっとすると本当に甲子園に対するライバル意識からの命名かも知れない。

 戦後まもない52年(昭和27年)、フランチャイズ制が敷かれたにもかかわらず、首都圏の球場難もあって、なんと巨人を含めて5球団が後楽園を本拠地としたのである。

 その後、首都圏にも球場が造られたため、昭和50年代は巨人と日本ハムの2球団が本拠地球場として使用していた。それでも今から考えれば、一つの球場を2球団が本拠地としているのは異常としか思えないが……。81年(昭和56年)には巨人と日本ハムがリーグ優勝したため、日本シリーズは全試合が後楽園で行われた。同一球場で日本シリーズが全試合行われたのは、史上唯一のことである。

様相を変える後楽園

 昭和40年代、即ち巨人V9時代の後楽園は、日本では珍しい内外野総天然芝球場だった。そして76年(昭和51年)に日本初の全面人工芝球場となる。当時の日本の球場は内野が黒土だったばかりか、外野の芝生も常緑ではなく、春先の芝生は枯れたままだった(甲子園も例外ではない)。しかし後楽園は春先でも鮮やかなグリーンだったので、なんと綺麗な球場だろうと思ったものだ。常緑の芝生が当たり前になった現在では、人工芝の色は実に味気なく感じるが。

 それより前の70年(昭和45年)には日本の球場で初の電光掲示板がお目見えした。単色だったとはいえ、中央のフリーボードに映し出されるアニメーションが実に鮮やかだったのを覚えている。今から考えるとチャチいものだったが。リプレイ映像が可能なオーロラビジョンを日本で初めて採用したのも後楽園で、81年(56年)のことだった。

 両翼90m、中堅120mと狭い球場だったが、その分両翼のポール際だけフェンスが異様に高かったのも特徴的だった。

惜しまれなかった?後楽園

 そんな後楽園も、88年(昭和63年)の東京ドーム完成と共にその姿を消した。だがプロ野球のメッカたる後楽園球場が消滅するにもかかわらず、反対運動などは起こらなかったと記憶している。もし甲子園だったら暴動が起きていたに違いない。

 おそらく、日本初のドーム球場であり、両翼100m、中堅122mというメジャーリーグ級の東京ドームに対する期待が大きかったのだろう。でも筆者には、屋根に閉ざされた味気ない東京ドームよりも、都会的なオーラを空から受けていた後楽園球場の姿の方が脳裏に深く刻み込まれている。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加