> 雑学 > 会社でお互いに冗談を言えるような仲間を作る方法とは?

会社でお互いに冗談を言えるような仲間を作る方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.26

冗談を言い合える仕事仲間がいますか?

会社は仕事をしに行くところですが、お互いに冗談を言い合えるような仕事仲間という存在がいるかどうかでも、仕事に対してのハリやストレス度合いというものも変わってきます。しかし、前の職場では上手くいったのに、今の職場では・・・という人もいるでしょう。

そのような場合には、なぜ以前は冗談を言い合えるような仕事仲間がいたのか?という事を考えてみましょう。つい、今の人間関係に原因があるとか、この人達とは上手くやれないと考えてしまうと思いますが、根本的な原因は別にあるといってもよいでしょう。

冗談を言い合える為に必用なものとは?


確かに、気が合うとか合わないといった事はありますが、冗談を言い合えるという事はまず信頼関係があるからでしょう。信頼関係がなければ、初めは冗談を言えたとしても信頼がなくなれば言えなくなると思います。まずは、信頼があって初めて冗談も言い続けられると思ってみましょう。

遅刻や無断欠勤はするはで、仕事も人に押しつけるような人から冗談を言われたとしても、それに応えようとしないのが普通でしょう。お互いに仕事をきちんとして、お互いが認め合ってこそ冗談や愚痴もイキイキとしてくるというものです。

いきなり、冗談を言い合えるような仕事仲間が見つかった人はラッキーといえますが、そこから信頼関係を築けないとその仲も長くは続かない可能性が高いといえます。しかし、今は冗談を言い合えるような仕事仲間がいないとしても、地道に信頼関係を築けたらきっと冗談を言い合える日がくるでしょう。

また、どうも今の職場は自分と感性が近い人がいないみたいだと思っていたとしても、実はこっそりといてそういう素振りを見せていないだけかもしれません。そういった場合には、自分からどんどん自分のカラーを見せていくといった方法もあります。勿論、仕事をきちんとして信頼関係を築いてからのほうがいいですが。

今の職場は、楽しい人ばかりで自分もよく冗談を言ったりしているという人もいるでしょうが、それは偶然ではなく自分の力も大きいと思ったほうがよいでしょう。それは、仕事もきちんとやって信頼されているという証でもありますし、あなたも周りの人達を信頼できる器量があるという事です。

今の職場がつまらない場合には?

自分の今の職場はそうではないな~という人でも、人はいずれ入れ替わりますのであまり悲観しないほうがよいでしょう。まずは、人に信頼されるような仕事の仕方をやっていれば、いつかは信頼されて同調する人が出てくるものです。

あの頃はよかったな~と、以前の職場の事を考えてばかりいても仕方がありませんし、これからもっと楽しい環境の職場になると考えていったほうが前向きでいいですよ。未来がどう変わるかは誰にもわかりませんが、望むことから始めてみましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加