> 雑学 > <自分の身は自分で守る>海外危険地域でのお金の隠し場所講座

<自分の身は自分で守る>海外危険地域でのお金の隠し場所講座

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.13

2014y02m12d_161931573

海外に行く時は、お金の隠し場所に困ったりしませんか。日本なら、お金の入ったバッグをお店の座席においたままドリンクバーを取りに行ったりしても、そこまで危機感はありませんね。

日本の治安は、世界の中でも相当良いとされています。それが、一歩海外に出るとどうでしょうか。ちょっと目を話した隙に、目の前に置いてあったカバンが無くなっていたとか、スマートフォンをテーブルの上に置いいたら無くなっていた、ポケットの中からお財布が消えていたなど、よくある話です。日本と同じ感覚で海外に行くと、身ぐるみ剥がされてしまいかねないという事を、肝に銘じておくべきでしょう。

では、海外でも特に危ないといわれる地域に行く時は、どうしたら良いのでしょうか。どこかにお金を隠しておくというのが、まず取る選択肢ですね。どこに隠しておくのが一番良いのでしょうか。

東急ハンズなどの旅行コーナーに行くと、色々とお金を隠しておけるグッズが販売されています。ただ、それらのグッズなども世界的に有名になってきていますので、強盗などはきちんと心得ていると言われています。例えば、首からぶら下げるタイプのお金を隠すグッズの場合、紐がシャツなどから見えてしまっていると、使い物になりません。暑い国に行く場には、これはあまり役にたたないという事になってしまいます。また、紐を切られてしまっては元も子もありませんね。

次にメジャーなのが、着るタイプのものです。こちらの場合は、Tシャツの下に着られるようなものの場合には、白系の薄い色のTシャツでない場合には、目立ちにくいので良いかもしれません。ただこちらの場合も、暑い国に行く時にはちょっと見えてしまうかもしれませんので、注意が必要です。厚着OKの国に行く場合でしたら、こちらのタイプはとても重宝するのではないでしょうか。

お金を取り出す時に不便というデメリットもありますが、別のダミーのお財布を作り、カバンに入れておくことで本当の貴重品のありかを隠す事もできるので、ダミーのお財布をカバンに入れておく事は絶対に必須ですね。

最後に、上級者編です。本当の危険地域に行く時は、お金をかなり分散させておく必要があります。靴の中から、下着の中に隠すという強者もいます。下着の中に隠す場合のポイントとして、下着の内側にポケットを縫い付けておくという技があります。その中に、本当に大事なものだけ隠しておくのです。そうする事によって、万が一強盗にあってしまったとしても、下着の中に隠した貴重品は守れる可能性があります。

また、ベルトの裏側に袋を縫い付け、その中に貴重品を隠すという方法もとても重宝します。まさかベルトの中に貴重品が入ってるとは、思いにくい為です。「こんなところに貴重品が?」というような場所に隠しておくのが、一番安全な方法なのです。

ツアーなどに入り、ちょっと海外に行くという方でしたら、普通にお金を持っていけば大丈夫でしょう。でも、秘境に行きたい!とか、個人旅行で色々周ってみたいと考えている方は、お金の隠し場所には充分注意して、トラブルはできる限り自分次第で避けられる。という事を意識して海外を楽しむと良いでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加