> 雑学 > 手当たり次第は大間違い!ビジネスマン向けオススメ情報収集法!

手当たり次第は大間違い!ビジネスマン向けオススメ情報収集法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.26

ビジネスマンにとって、そしてビジネスにとって情報というのはかけがえのないくらい大切なものです。

情報収集が出来ない、もしくは遅れているというのは、大きめ利益を失ってしまいかねない危険な状態です。

最新の市場のトレンドや経済の動き、社会情勢、外国の為替市場の動き、季節など、とにかく我々を取り巻く全ては情報という形で色々なビジネスを動かしているのです。

情報に疎い人は、営業であれ経理であれ企画開発であれ広報であれ、仕事をすることは出来ません。

どんな仕事をしていても、常に最低限の情報を手に入れておくことは、ビジネスマンの必須スキルなのです。

とはいえ、テレビに新聞、ラジオ、雑誌、パソコンにスマートホンまである現代で、情報を集めるのは非常に大変な作業です。気がつけば必要のない情報ばかり集めたりしてしまう可能性が大きいからです。

情報を手当たり次第に集めるのは愚の骨頂、ビジネスマン向けの効果的な情報収集の方法をご紹介させていただきます。

全ての情報を集める必要はない

そもそもの話、いち個人が世界ないし日本に飛び交っている全ての情報を把握することはまず不可能です。

情報収集というのは、あくまで自分の教養にしたり、仕事のために役立てることを目的として行っていることなのですから、手当たり次第になんでもかんでも情報を集めていては意味がないのです。

自分にとって、自分の仕事にとって重要度の高い情報だけを集めることが出来れば、それが一番時間対効果も高いですよね。

情報を集め時の方法というのは、大きく分けて二つあります。とにかく大量の情報を先に集めてしまい、その中から自分に必要な情報を選別する方法。もう一つが、ある程度必要な情報だけを選別し、フィルターにかけて情報を集める方法です

することは同じなのですが、前者と後者では行動の順番が違っています。情報収集に熱心なビジネスマンの皆さんは、どちらの方がより短時間で必要な情報を集められると思いますか?

答えは、後者の先に情報のフィルタリングをし、それから情報を集めるという方法です。

少し想像しにくいという方は、こう考えてみてはいかがでしょうか。貴方の手元には一冊の雑誌があり、その中の幾つかのコーナーから必要な情報を抜き出したい、とします。

前者の方法というのは、雑誌の表紙から裏表紙まで、一ページずつ開いていって全てのページを確認し、その途中で見つけた必要そうな情報をメモしていく、という作業になります。

後者の方法では、まず目次のページを開いてお目当ての情報がありそうなページに見当をつけ、ピンポイントでそのページを開いて必要な情報をメモするという作業です。

いちいち全てのページを見るのと、ひとまずの検討をつけてページを開くのでは、当然後者の方がより短時間で必要な情報を抜き出すことが出来ますよね。

情報というのは魚と一緒で、時間が経てば経つほど鮮度が落ちていきます。現在の市場の流行を知りたいのに、5年前流行ったものの情報を持ってきても仕方がないのです。

情報をフィルタリングしてから集めよう

情報をフィルタリングしてから集めるという方法は、取り敢えず情報を手元に引き寄せてから必要なものを取り分けるという作業に比べると、圧倒的に短時間で情報収集することが出来ます。

日本経済のことを知りたいと思った時に、販売されている全ての新聞を読むのではなく日経新聞を読むようなものです。時間を切り詰めることで、手に入れた情報をもとに仕事をしたり、情報の裏付けを取ったりすることが出来ます。

忙しいビジネスマンにとって、情報は必要不可欠なものですが、一方で時間は何にも代えがたい資産でもあるのです。

この方法にもデメリットはあります。多少情報の取りこぼしが起きてしまうのです。狙い撃ちで情報収集するので当然なのですが、それでも元来全ての情報を余すところなく探しだすのは不可能なのですから、誤差の範囲と割り切った方が効率的なのです。

ですので、ビジネスマンの皆さんは、情報収集をする時には実際に行動を起こす前に自分がどんな情報が欲しいのか、ということを明確にする癖をつけましょう

何となく適当に探していても、必要な情報をピンポイントで見つけられる、ということはありません。狙いを絞ることで、無駄な情報を集めずに済むのです。

また、集める情報の量の決めておきましょう。例えば一日30分で集められる量、などに限定するのがオススメです。際限なく集めていても、実際に活用する情報量というのはごくわずかに過ぎません。

それならば最初から情報の種類と共に量も絞っておくことで、やはり無駄な情報まで集めてしまうことを防ぐことが出来ます。何より、一つの情報を集めているとどうしてもある程度集まった時点で新しい情報を見つけるのが困難になります

潔く必要最低限の情報収集を続けるのが、時間対効果としては一番優れているのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加