> 雑学 > 想像力を伸ばすために出来ること!毎日の生活に変化をつける癖が大切

想像力を伸ばすために出来ること!毎日の生活に変化をつける癖が大切

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.27

ビジネスマンの皆さん、クリエイティブな人間になりたい、そういう仕事が出来る男になりたいと思ったことはありませんか?

そうは言っても想像力なんて一朝一夕に身につくものでもなし、それに今の自分の仕事にはクリエイティブな要素なんて何もないよ、なんて思ってしまっているかもしれません。

しかし、それは大きな間違いなのです。クリエイティブさ、想像力というのは、要するに思考の柔軟さです。どんな仕事であっても、思考が柔軟であれば改善案を出せたり、今よりも上のポジションや収入を目指すことが出来ます。

毎日の行動や生活をルーティーンにして慣れという言葉で思考を停止してしまうこと。それこそが、皆さんから出世や昇給のチャンスを奪っている敵なのです。

仕事においてとても大切な想像力。それを伸ばすために出来ることは、毎日の生活に変化をつける癖をつけることです。変化を恐れず、守りに入ってしまわない柔軟な思考回路を手に入れましょう。

思考が硬直すると良い考えが生まれない

人間がこの地球を征服するに至った最大の武器とは一体どんなものでしょうか。それは、間違いなく知識、知恵です。人という生き物は、肉体の強さと引き換えに手に入れた思考力があるからこそ、今日まで発展してきたのです。

仕事をしていると、職種によるところもありますがどうしても毎日の生活がルーティンになってしまいますよね。

毎朝同じ時間に起床し、適当に朝食を食べてニュースをチェック、身だしなみを整えたらいつも大体同じ時間に自宅を出て、同じ時間にやってくる電車に滑りこむ。

やはり毎日同じ時間から仕事を始め、同じような仕事をこなして退社する。企業が毎日違う仕事をしていては、利益を生み出すどころではないのでそれは当たり前のことではあります。

しかし、そうした単調で変化のない生活というのは、容易に人の思考力を硬直させてしまうのです。普段走っていない人がいきなり走りだすとすぐに息切れしたり、足をもつれさせてしまうことは皆さん分かると思います。

仕事というのもそれと同じで、いつも同じことばかりして、それに慣れてしまっては何か変化が起きた時に全く対応することが出来なくなってしまうのです。

ビジネスマンにとって、思考というのは仕事の手がどれくらい速いかということよりもずっと重要な事柄です。いつも決まった営業文句しか使えない営業マンと、時には取引先の相手に合わせて楽しく雑談も出来る営業マン。

どちらがより高い営業成績を残せるかと言えば、やはり後者の思考が柔軟な方でしょう。仕事の面で、思考が慣れによって硬直してしまうというのは、どんどん新しいことに対応出来なくなるということです。

変化に対応出来ない人は、スマートホンを使いこなせず困った顔をするでしょう。スマートホン向けのビジネスモデルを考えだすことなど到底出来ません。その一方で、70にもなろうかというお爺さんが最新式のスマートホンを自由自在に使いこなし、巨額の富を生み出すビジネスモデルを展開していたりするのがビジネスの世界なのです。

慣れるというのは、経験を積むことでもあります。しかし、仕事には慣れても思考に慣れてはいけないのです。柔軟な考え方は、普段送っている生活によってほんの一瞬で無くなってしまい、取り返すことが難しいものなのです。

毎日意識して生活に変化をつけよう

慣れてしまう、思考を停止してしまうというのは、ある意味で非常に楽なことです。一度考えて決定してしまったことを、敢えて何度も考えるのは少々無駄に感じますよね。

毎朝朝食は同じメニューだ、毎週この曜日は必ずこのネクタイだ、と決めてしまうと、考えるという手間を掛けること無く生活を進めていけるようになります。

しかし、そうしたことを続けていると想像力はすぐなくなります。だからこそ、毎日の生活に変化を付けることが大切です。

変化といっても、ほんのちょっとしたことで構いません。毎朝どのネクタイを締めるのか、クローゼットの前に立って直感で決めるようにする。

毎日同じ通勤路を歩きながら、一つでも昨日と違うところがないか視線を巡らせる。帰り道やちょっとした買い物の時は、「いつも通る道だから」ではなく何となく通ってみようかな、と思った方向に足を向けてみる。

ちょっとした変化の積み重ねが、思考を停止させずに柔軟さを保つために効果的なのです。

仕事の最中に気の向くまま行動するのは難しいかもしれまえんが、例えばいつもは入れてみない砂糖をコーヒーに入れてみる。コーヒーではなく紅茶を飲んでみるといったことで十分です。

こんなことでも積み重ねれば大きな山になります。重要なのは、周囲のことに興味を持つこと、そして感じた興味を無くさない内に行動することです。これまでよりも視野が広くなったり、仕事についてあれこれと考えることが出来るようになります。

その想像力が、出世や給与査定に繋がるのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加