> 雑学 > ハゲる前に対策を!男なら知っておきたいハゲの原因と対処法

ハゲる前に対策を!男なら知っておきたいハゲの原因と対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.08.30

あなたは髪を気にするタイプ?

「髪、薄くなりましたね」と言われて傷つく方は多いと思います。

身だしなみの時、あなたは鏡に映し出された自分の髪が気になりますか?お風呂で髪を洗う度、抜け毛が気になりませんか・・・?

理容コンテストで審査員を務める専門家の意見を元に、誰でもできる「原因と対処法」をお教えします!

専門家は言う!「髪の洗いすぎは禁物」と

男の宿命とも言って良い「ハゲ」。早い方なら20代~30代で兆候が出ます。実際、満30歳である筆者の周りにも、髪が薄くなった友人知人を何人も見かける様になりました。

専門家は、「シャンプーのし過ぎが原因ですよ」と即答。今から10年程前、「金髪」「茶髪」がブームだった頃、かなりの方が「ブリーチ」や「染毛」をした経験があると思います。その際、ダメージを考慮して、毎日何度もシャンプーやトリートメントをされた方は多いでしょう。

その頃と対照的に、この2~3年は男女共、日本人本来の美しい色である「黒髪」が人気を回復し、特に男性では髪を染めている方自体あまり見なくなりました。ドラッグストアでも、男性用の染め粉は棚の隅にある程度になりました。

その分、女性の様にシャンプーやトリートメントへの時間をかける男性が増えています。「大豆イソフラボン配合」や「ノンシリコン」を謳う商品で購入を決める方も多いのでは?

最近の商品は多少値段が高くても「高品質」を売りにする商品が増え、含まれる成分はとても良い物になりました。

しかし、上記に共通している事は「髪を何度も洗う」という事。いくら製品が高品質でも、毎日「頭皮に水をかける行為(シャワー)」自体が、髪に含まれている栄養分や頭皮の乾燥を促進させてしまい、「抜け毛」の原因になるとの事です。

2日に1度で良いのです!

何日も髪を洗わない事は不潔だと言われても仕方がないのですが、1日位ですと、ドライヤーやクシでブラッシングするだけで、大抵のフケやゴミは落ちると専門家は言われます。

「疲れきって昨日シャワー浴びれなかったー!でも逆に髪はしっとりしてまとまりやすい・・・」と体感した事は多くの方があるかと思います。

そうなのです。髪にも「休ませる時間」を与える事が大切なのです。夏やスポーツで汗をかいて気持ちが悪い時は、体だけを洗ったり、普段より冷たい位の温度の水を髪にかけるだけでも十分とのアドバイスを戴きました。

夜更かしは最大の敵

残業や飲み会、深夜までネットやゲームを楽しんだり、現代人は寝る時間がどうしても遅くなりがちです。これも大きな原因の一つ!

人類が古代から受け継いできた「朝起きて日が沈んだら寝る」というリズム。夜に寝る事で成長ホルモンが分泌され体力の回復や自律神経の安定、そして髪にも大切な「成長時間」を与えてくれます。

現代型の社会は、朝のスタートは昔と同じなのに、就寝時間だけがどんどん遅くなっていく。これでは寝不足で体力も無く、大切な髪へ栄養が回りません。近い将来「頭薄くなったね」と言われたくない方は、朝型生活や就寝時間を早める等の措置をとってみましょう。

我々祖先が何百万年という時をかけて築いてきた一日のリズムにこそ、最大のヒントがあるのです。よく考えてみると、人間に近い「サル」や「チンパンジー」のハゲは見た事がありません。

育毛剤は有効なのか?

答えは「yes」です。と言っても、「発毛」は個人差がありますし、あまり強い薬であると「副作用」という恐ろしい「倍返し」が待っています・・・。

では、何故「yes」かと言うと、既にハゲてしまった状態から黒髪を取り戻す事は難しいのですが、予防として使うのであれば、髪の血行が良くなり、生薬等の栄養も直接摂る事ができ、「抜けにくく、太い髪」を保つ事ができるのです。

昔は金髪だった事もある筆者は、抜け毛の恐怖から、髪を黒に戻し1,000円前後の育毛スプレーを毎日使う様になりました。するとどうでしょう。20代前半の金髪時よりも、今の方が髪が太くツヤも出てきました。

気付いた瞬間から実行する事が、ダメージを最大限に抑えます。生活のリズムと洗いすぎには十分注意して、数十年先、フサフサな老後ライフを送りましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加