> 雑学 > 愚痴っぽい人の対応が苦手な方に、効果的な対処法をお教えします

愚痴っぽい人の対応が苦手な方に、効果的な対処法をお教えします

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.01

貴方の身の回りに、愚痴っぽい人っていませんか? 自分なりに色々と気を使って対応しているのだけれど、どうも愚痴っぽい人の相手は苦手だな、と思っている人はたくさんいるはずです。

そこで、愚痴っぽい人と一緒になってしまった時の対処法をご紹介いたします。

愚痴っぽい人とは

愚痴とは、言ってもどうしようもないことを並べ立てる行為です。愚痴っぽい人というのは、現状を変えたり自分を成長させたりすることもよりも誰か、もしくは何かを悪者にして文句を言うのがライフワークになっている人なのです。

人間は自分が普段行っている行動や言動に引き摺られて性格も変わってきます。ネガティブな愚痴ばかり言っている人というのは、大抵性格もネガティブなものになってしまうのです。そして、ネガティブな愚痴っぽい人は自分のストレスを誰かに愚痴を聞いて貰うことでしっかり解消することが出来ます。

これが非常に愚痴のやっかいな部分で、例えば運動したりカラオケに行ったり、もしくはドライブに行ったりすることによるストレスの発散というのは誰かに自分のストレスを渡すことなく発散しきることが出来ます。

しかし、愚痴というのは誰かに聞いてもらうことを前提としたものですので、聞かせている人に対して自分の愚痴、ストレスを押し付ける行為なのです。愚痴を言われて心から飛び上がって喜ぶ人間なんて存在しません。

多かれ少なかれ愚痴っぽい人と付き合うということは相手のストレスを押し付けられているのだ、とまずは理解しましょう。

愚痴っぽい人と付き合う時は

愚痴っぽい人と付き合う時は、上記のことを心に留めておきましょう。その他に必要なのは、愚痴に対してこちらが真剣になってもメリットはない、ということです。

愚痴というのは、どうしようもないこと、どうする気もないことを嘆く行為です。ですので、愚痴を持ちかけられた貴方がどんなに真剣に対応しても、相手はどうにもならないことを愚痴っているので行動が変わったりしません。

愚痴っぽい人と話をする時は、女性の悩み相談を受ける時のような気持ちでいるのがオススメです。女性の悩み相談というのは、答えを求めるのではなく自分の言っていることに対して相手の賛同を得るために行われるものだからです。

話半分に聞き流す

愚痴というものは際限がないので聞いていても無くなることはまずありません。しかし、真面目に聞いていると自分にストレスが溜まってしまいます。

そこで、有効な対処法の一つとして愚痴っぽい人の話は話半分に聞き流すということをオススメいたします。

愚痴を言っている人は、真剣なリアクションや悩みの解決方法を求めていることは殆どありませんので、適当に相槌を入れていれば相手は満足してくれるのです。ですので、話をしながらも何か別の作業をしたりその日の夕食を何にしようか考えたりしながら聞き流すようにしましょう。

勿論適当に聞き流していることに腹を立ててくる相手もいますが、ある意味ではそうなったら願ったりかなったりです。愚痴っぽい人は愚痴を聞いてくれるなら誰でも良いので、貴方を見限って他のターゲットを探しに行ってくれればもう愚痴を聞かなくても良くなるのです。

そもそも、愚痴というのは相手に聞かせるには失礼な話題ですので、いつも愚痴ばかり言っているような人相手に時間を割くよりも、他の仕事や趣味に時間を使うようにしましょう。

相手を満足させてあげる

ことを荒立てたくない、という方はこの方法が効果的です。愚痴を言う時、絶妙に合いの手を入れられると愚痴っぽい人はとても気持ちよくなってくれます。重要なのは、相手が愚痴を言うことに満足して貴方が愚痴から解放されることなのです。

だからこそ、愚痴をさっと切り上げたい時、相手の感情を逆撫でしたくない時は「そうかそうか」「分かるよ」「大変だな」などの同意を示す言葉を相手に返してみましょう。自分の意見を言うことなく、貴方の賛同を得られたことで愚痴っぽい相手は満足してくれます。

一つだけ注意したいのが、愚痴の内容が誰かの悪口だった場合です。安易に同意してしまうとその人が他の人に「○○もそう思ってるらしい」などと噂をばらまいてしまう可能性もあるからです。愚痴っぽい女性が悪口を言っている時は、男性としては賛同するのはほどほどにしておいた方が良いでしょう。

思い切り反論してみる

もう他人の愚痴になんて付き合わされたくない、という強い意思をお持ちの場合は、敢えて相手の愚痴に対して思い切り反論してみるのも効果的な対処法です。

愚痴というのはどうしようもないことを嘆く行為ですが、愚痴っぽい人は何かにつけて愚痴っているだけで自ら行動は起こしません。「そんなに言うんだったら自分で○○をしてみろよ」など、正当性のある意見を使って真っ向から対立してみましょう。

愚痴を言うと反論してくる相手は、愚痴っぽい人はその話題を避けるようになります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加