> 雑学 > あなたの好きな彼女はどっち?老ける女性・老けない女性の特徴

あなたの好きな彼女はどっち?老ける女性・老けない女性の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.22

結婚相手には、いつまでも奇麗で若々しくいてほしい。多くの人がそう感じていると思います。しかし現実は残酷です(笑)しばらくすると、可憐な乙女だった彼女が鬼になり、奇麗だったあの娘が、見るも無惨な姿になってしまうことも少なくありません。

同時に、テレビに出てくる女優さんを見ていると、いくつになっても奇麗で可愛らしい女性もいます。年齢を重ねても奇麗でいる人とそうでない人、これが始めから見極められたら、私達男性にとって、非常に良いとは思いませんか?

たくさんの同世代女性と同窓会で会った

実は、短い期間の間に、中学校時代、高校時代と2つの同窓会に参加してきました。それがこの記事を書くにあたった発端です。「初恋の人には会わない方がいい!」なんてよく言いますが、初恋の人どころか、女性陣のほとんどに会わなかった方が良かったような気すらしたのです(笑)

もちろん奇麗に年をとった女性もいましたし、当時以上に魅力的になった女性もいましたが…、割合としたらごく少数です。もちろん、女性陣も同じような感想を男性陣にもっていたのでしょうが、それは置いておいて(笑)、ここでは都合の良いように、男性の気持ちのみ考えていきます。

さて、本題です。学生時代の彼女達の写真と現在の姿を比べると、
いくつかの共通項を発見しました。年齢を重ねても「可愛い」「奇麗」と感じる女性と、おばさん化してしまった方をいくつかグループ分けすることができました。

グループ分けすることで、若い時にこういう女性は年をとっても若い!若い時にこういう女性はおばさん化しやすい!という特徴が見えてきたのです。その結果をご紹介しましょう!もし、あなたが奥さんにはいつまでも若くいてほしい!と思うのならば、相手の女性を選ぶ時の参考になるはずです。

奇麗系か、可愛い系か、なら…

まず、特筆したいのは体格です。背が高い女性、肩幅がある女性、これらの方々は年齢を重ねることにより迫力が出てくる傾向にあります。悪い言い方をすれば「迫力のあるオバサン」です。

逆に良い言い方をすれば…、すみません、残念ながら思い浮かびません(笑)。かつてはモデル体型のプロポーションでも、それを何十年と維持していくのは、なかなか難しいのでしょう。

続いて顔です。わかりやすいように奇麗系・可愛い系で語っていきましょう。奇麗系の女性は、正直厳しいと言わざるをえません。やたら年齢を感じさせる方が多かったです。

逆に当時、可愛い系だった女性にはまだまだ勝負できそうな人が多かったですね。はっきり言って、童顔が圧倒的に有利です。例え、オバサン化してしまっても童顔の方は「可愛いおばちゃん」になる可能性も高いですね。

「可愛いおばちゃん」と「迫力のあるオバサン」あなたが好みの方を選んでください。

ルックス以外にも影響することは、これ!

体型や顔の作り以外にも、老いを感じさせるか若く見えるか、に影響することはありそうです。まず、彼女達の趣味です。これは一人一人とゆっくり話したわけではありませんので、想像も多分に含みますが、一応ある程度の根拠はあります。

アウトドア派よりインドア派の女性の方が、若く見えるということです。かつて運動部などで頑張っていた女性は、その後もアウトドアを好むだろう、逆に文化部などでおとなしかった女性は、その後もインドアを好むだろう、という前提の上での結論です。

やはり紫外線はお肌の天敵ということなのか、インドア派だと思われる女性の方が、肌が若々しく、結果的に若く見えることが多かったです。肌が奇麗かどうかは、非常に大切ですからね。

また話し方にも影響はあります。はっきり、ズバズバ言うような話し方ですと、オバサンぽく見えます。社会的にはこっちが正解のような気もしますけどね。女性の若々しさ、という面だけを考えると、ズバズバと話すような女性は、ややマイナスです。

話し方は、急に変わるものではありません。現在、あなたが見てズバズバ話すような女性は、数十年後もズバズバ言っているはずです。他にもファッションやメイクなど、幾つかのポイントはありますが、それらは、いくらでも変えることが出来る部分です。

よって、ここではファッションやメイクの話は割愛させていただきます。

結論的に、こういった女性は年をとっても可愛い!

まず童顔であること。更に体格は華奢である方が望ましいでしょう。また、趣味はインドア派が望ましく、話し方は、おしとやかであってほしい、こんなところです。

もちろん、これはあくまで傾向であり、例外はいくらでもいると思います。しかし、あなたが若々しい女性を妻にしたいのであれば、なんらかの参考になるでしょう。思ったこと、感じたことをそのまま文章にしてしまった為に、あちこちで叩かれそうな内容になりました(笑)。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加