> 雑学 > 近未来の道路交通に!効率性の高い交通安全のシステムを考える!

近未来の道路交通に!効率性の高い交通安全のシステムを考える!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.17

2014y03m17d_183314338

あったら良いなと思うことはたくさんありますが、特に現代の自動車の道路交通や交通安全はもっと良くなっていけるのではないかと思います。現代にあるシステムの中から近未来に叶えられそうな自動車の交通安全や道路交通システムのあったらいいなを考えていきます。

ねずみ取りは不公平!?

現代の道路交通や取り締まりの方法には、やはり偏りがあります。とはいえ警察も人間ですし、直接足で取り締まりをしている以上はそれも仕方のないことでもあるのですが、やはりねずみ取りをして、そこにたまたま引っかかった人だけがスピード違反の切符を切られて、うまくそれらをかわしてのうのうとスピード違反を繰り返したり、信号無視をしている人々が捕まらないというのは、やはり不公平です。

筆者は車をあまり運転しませんから関係ないと言えば関係ないのですが、それでももっと効率的に取り締まっていったり、不公平のないシステムを構築していけたら良いのではないかと思います。

取り締まりだけでなく、交通事故や人身事故も絶えないご時世ですから、もっと効率的に交通安全や道路交通のあり方が変わっていけば良いのではないかと思います。そして、現在ある科学やシステムを応用して可能な限り近未来に実現させられそうなシステムを勝手に妄想で考えていこうというのが、今回の主旨でもあります。

筆者がこんな時に自動車メーカーの開発部門で勤めていたり、そういう知り合いがいれば、すぐにでもこんなアイディアを伝えたいところですが、残念ながら思い浮かぶものはたくさんあっても、自動車の開発に携わっているわけではありませんし、発明家でも開発者でもないので、もっと一般人のアイディアをたくさん世に活かせれば良いのになぁと思う今日この頃です。

全車フロントガラスにナビゲーションディスプレイを!

現代的にまだまだ全く普及していないけれど、もう十分に実用できるレベルにまで来ているシステムはたくさんあります。たとえば、フロントガラスに情報や文字を表示するナビゲーションディスプレイです。

これが自動車に普及すれば、いちいちスピードや車体の情報を確認するのにナビや計器に目を移す必要がなくなり、常にフロントガラスを見たまま運転ができて安全です。現在では一部の車両に本当に小規模のスピード表示くらいではありますが、表示される機能を搭載した車というのもあります。

この透明なガラスに情報を表示して視界を妨げることなく確認をするというシステムは、実は近未来でもなんでもなく、戦闘機などの軍事分野では何十年も前から採用されているものです。これが全車に標準で装備されるようになれば安全性も増しますし、カーナビゲーションやマップももっとわかりやすくフロントディスプレイに表示することができるようになるのではないかと常々思っています。スピードメーターや道路情報なども、いちいちカーナビやメーター各種を見なくても確認ができます。

信号やスピードの管理も全て車で!

そしてこのフロントガラスにナビゲーションを表示することで、さらに便利になることがたくさんあります。信号は今現在では道路脇に立ててライトで誘導するしかない状態ですが、これもGPSの現在位置情報などを利用して車のフロントガラスにナビゲーションとして表示するようにすれば良いのです。

そうすれば全車自分の車の中で次の信号の状態が確認できるようになり、信号を立てる必要もメンテナンスにお金をかける必要もなくなり、国家予算がだいぶ削減されるのではないかと思います。

そして、スピードメーターも当然フロントガラスに表示されるのですが、法定速度などもその都度GPSの現在位置情報でやり取りをして、その道の法定速度に沿った走りができるようになれば良いのではないかと思います。

スピードをオーバーするとメーターが緑色の表示から赤に変わったり、警告が出るようにすれば、多くの人がもっとスピードや交通安全に意識をすると思います。一方通行の表示やその他の道路標識も直接の看板ではなく、全てナビゲーションディスプレイに表示させ、GPSとその道に特殊なチップを組み込むことによって自動車にその都度情報が表示される仕組みにしていくと良いです。

双方向通信で各車体の走行情報が基地局で管理できる!

そして、現代のGPSやネットワークは非常に発達していますから、これらのことは決して不可能ではありませんし、自動車に道路情報が送信されてくるだけではなく、自動車側からも常に情報を発信する双方向通信を可能にしていけば、もし万が一車が事故にあったり、閉じ込められた時などに救助を呼ぶのも素早くできるようになりますし、スピード違反や信号無視も、その都度車から基地局に情報が発信されるようにしておけば、警察はねずみ取りをすることなく、自動車の情報に従って取り締まることができるというわけです。

スピード違反をするとその都度車に警告アラームなどが鳴るようにしておき、信号無視やスピード違反も全て車のフロントディスプレイで管理できるわけですから、スピード違反をしたり信号無視をした情報をその都度自動で基地局に車側から発信することもできるわけです。

双方向通信を可能にして車ももっとネットワークをフルに使っていけば、不公平な取り締まりによってのみ検挙される時代ではなく、新たに全てのドライバーがスピードや交通ルールを徹底して守っていく時代がくるのではないでしょうか?

実際、自動車学校で学んだことが実際の道路交通でどれだけ通用するでしょうか?現代の自動車全体の流れとして、法定速度を守って走ってはかえって邪魔者扱いされることも多い時代です。ネットワークを駆使することで、道路交通法をしっかりと徹底できるのです。

緊急車両や地震などの警告表示

また、救急車などの緊急車両が通る時は、信号が制御されて赤から青に変わらなかったり、どこの信号もしばらくの間赤になったりしますが、こうしたGPSやネットワークを利用すれば、自動車本体で確認できる情報がもっと増えます。

緊急車両の接近も車のフロントガラスに表示されるナビゲーションディスプレイで警告表示が出るようにすれば、早い段階から車線変更をしたりと、交通の便も良くなるはずです。地震が起きた時にも車の中で素早くその情報が表示されれば、海沿いを走っていて、津波で車が流されるなどの心配もなくなっていくのではないかと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加