> 雑学 > 自分はダメダメ人間だな~と思った時が本当のスタートラインです!

自分はダメダメ人間だな~と思った時が本当のスタートラインです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.10

ダメダメな部分がない人のほうが珍しい?

失敗やスランプがない人生を送っているという人のほうが少ないかと思いますが、誰でも失敗をしたりスランプに陥ったりすると落ち込むものです。それで、自分は本当にダメダメ人間だな~と自己嫌悪でさらに落ち込んでしまったり・・・

ポジティブなばかりでも弊害はあります


しかし、そういう時に前向きで頑張ってと言われたり、ポジティブ思考になれと言われてもそう簡単になれたら苦労しないでしょう。

また、いつも前向きでポジティブ思考というのも素晴らしいのですが、そうすると今度は心のヒダが乏しく浅いという傾向になる場合もあります。

人間は、悩むことによって自分や他人の心の機微というものも感じとりやすくなったり、それを文学や音楽として表現するといった場合もあります。

運動をすればスッキリする場合が多いですが、いつもスッキリしてばかりですとそういった部分が薄くなるのかもしれません。

しかし、悩んだり考えてばかりいると、気が滅入って判断力も乏しくなるといった場合もあります。要はバランスでしょうか。

自己嫌悪にも少し付き合ってみましょう

失敗やスランプなどで、自分はダメダメ人間だ~と思うこともあるでしょうが、そういう時は少しだけ自己嫌悪が出るままにしておくのもよいでしょう。

あまり長い期間ですと、自己嫌悪の世界から戻ってこられなくなる可能性もありますので。

自分の嫌な部分や、自分でも呆れるような部分でウンザリしたら、すぐにそこから目を背けずに暫くその状態につきあうのもよいでしょう。

そうすることによって、自分で自分のダメな部分というものを認識できるからです。あとは、その世界にばかり留まらないことです。

ポジティブになるにはここからです!

反省は大事ですが、後悔はしても始まらないことが殆どですので、ここからポジティブに近づくような努力を始めてみましょう!新しいスタートラインに立ったんだという気持ちで、本当に少し走ってみるのもよいでしょう。

人間は完全無欠ではありませんが、それに近づく努力はできます。その為にはあまり周りを見ずに、ダメダメ人間だ~と自分で自分自身を見ていた時と同じように、自分なりにということも大切です。

ウサギのように進む人もいれば、亀やカタツムリのようにゆっくりと進むといった人もいるでしょう。大事なのは、速さではなく少しでも前に進むかどうかということだと思います。

自分は本当にダメダメ人間だ~と思って落ち込んでいる時は止まっていますが、実は休憩が必要な時期だったのかもしれませんよ。

しかし、休憩ばかりしていても進みませんし、前や後ろを見て立ち止まったことを気にしていても疲れるばかりです。ここからが、またスタートラインだと思って、ゆっくりでもいいから自分流で楽しんで進んだほうが笑顔も多くなるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加