> 雑学 > 定価の商品を50%オフなどの値段で買うことができる穴場とは?

定価の商品を50%オフなどの値段で買うことができる穴場とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.26

あなたは、服や本、DVDやゲームなど、自分の欲しいものを定価で買っていませんか?それが当たり前と思うかもしれませんが、周りを見渡してみると、定価より全然安く商品を手に入れることができる場所があります。

そうしたものを使えば、これから定価で買うなんてちょっともったいないと感じるほど、商品によっては定価の半額、もしくはそれ以上安い値段で買えるものもあります。そうしたものはどこで見つければいいのかをみてきましょう。

安く買う方法1.オークションで買う

オークションで安く買っている人はだんだんと増えているかもしれません。今は携帯でもヤフーオークションや楽天オークションなどを見ることができるので、いつでも気軽にボタン1つで商品を注文することが出来ます。そして、定価と比べてみると全然安く買えるということが分かるでしょう。

でも、安ければ商品として中古のボロボロなんじゃないの?と思うかもしれませんが、新品同様でも安く売っていることもしばしばあります。というのも、ブランドや分野によりますが、新品同様でもオークションでは定価よりも安く販売されていることが多いのです。

逆にブランドによっては、ジャンク品などでもあまり安く買うことが出来ないかもしれませんが、大抵のものは安く買えます。理由の1つは、個人が1円など安く出品していることです。

ショップで販売しているなら、定価で販売しているところもありますが、あまり知識がなく素人で安く出品しているものは、そこまで高額まで競り上がることは少ないです。世界的に有名なブランドでも、1年前の商品などは、定価の半額などで買えたりします。

中古の商品でも、物によっては新品とあまり変わらないもの、もしくはケアやカスタマイズすれば新品に戻るようなものであれば、安く買うことが出来るでしょう。

安く買う方法2.アウトレットショップで買う

これは、定番といえますが、意外と活用されていないのが現状です。その理由の1つが、人が着た服やバッグなどが嫌だという人、汚らしいと感じる人がいるためでしょう。ですが、実際に見ると分かりますが、新品のようなものでも、定価よりも全然安く販売していることがあります。

その理由は、年数がたっていたり、部分的に傷が出来ていたりするものですが、そういった小さな傷などは自分で治すことが出来ます。そうした工夫をすれば、新品で買うことはもったいないと感じるかもしれません。

注意したいのは、アウトレットショップによって全然値段が違うということです。アウトレットと書いておきながら全然安くない商品、それもどこのブランドか分からないものを置いているところもあるので、あくまで価値を感じるところで買ったほうが良いでしょう。

安く買う方法3.海外から注文する

海外から注文する方法を思いつく人は少ないかもしれません。その前に、海外から商品を仕入れるのは怖いという人もいるかもしれませんが、今はそういった危険は最小限に抑えらているので、安心出来ます。

商品が届かない、お金が返ってこない、違う商品が届いたといったことも、まだあるようですが、それも頻繁に起こるわけではないので、安く手に入れるために使える方法といえます。特に、円高の時代は海外の商品は安く買えるので、そこを狙うのもいいでしょう。

ですが、それよりも狙いどころがあります。それは、物価の安い国の商品です。物価が安いところは、名前の通り同じような商品を扱っていたとしても、日本よりも安い可能性が高いので、それを買うだけで定価よりも全然安い値段で買うことが出来るでしょう。

中国などは日本よりも物価が安いので、商品によっては日本の10分の1の値段で売られているものもあります。1つ注意したいのは、ブランド物などの偽物です。

国によっては偽物をあたかも本物のように売っているところ、それも見ても本物と全然分からないようなものまであるので、そういったことは注意したいものです。インターネットでビジネスをしている人の中には、このように価格差を利用して、安く仕入れて高く売ることでお金を稼いでいる人もいます。

安く買う方法4.売る目的で買う

もう1つ考えられることは、買った時点で売ることを考えておくことです。どんな商品でもオークションに出品して売ることが出来ます。たとえば、10万円の服を買ったとしても、それがしっかりとしたブランド品であれば、5年後に着古したものを売ったとしても、1,2万円程度、もしくはそれ以上で売れる可能性があります。

そう考えると、買った時点で9,8万円で買っているようなものなので、すでに定価よりも安く買えるという計算になります。また、オークションで仕入れてオークションで売ることを考えると、商品によっては全然お金をかけなくてもそれを使うことができるということになります。

こうした方法を使うことで、定価よりも全然安く買うことができるので、まずはインターネットにアクセスしてみるといいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加