> 雑学 > ボランティアなんてかっこ悪い?幸せな人はボランティアをする理由

ボランティアなんてかっこ悪い?幸せな人はボランティアをする理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.21

あなたはボランティア活動をしたことはありますか?ボランティアにも色々なものがあり、公園の掃除といった誰でも出来るようなことから、ホームレスの方に食事を作って提供するといった大きな団体で取り組むことまで、視野を広げてみると普通はお金がかかるようなことでも無償で提供してくれるボランティアまであります。

ボランティアを受ける側からしてみれば、これほど嬉しいことはなく、それが生活に関わることであれば、命の恩人のような存在になるといえます。

ですが、ボランティアをしている側からすれば、無償でお金をもらうことなく自分の時間と労力を費やすわけですから、ボランティアをやったことがない人からすると「時間とお金の無駄」と感じるかもしれません。

その時間に仕事をしていればお金を稼ぐことが出来るので、そういう考えの人もいるでしょう。ですが、ボランティアをすることは本当に時間と労力の無駄になるのでしょうか。

ボランティアは、自分を活かす絶好のチャンス

ボランティアをしている人を見てみると、いつもイライラしていたり悲しんでいる人はほとんどみかけません。逆にいきいきした表情で積極的にボランティアをしている人ばかりのように思えます。そして、1つのボランティアを終了しても、さらに次のボランティアを計画し、それをみんなで話し合い、しっかりとプラン立てて活動しているようです。

なぜ、普通の人からすれば時間もお金も無駄になるような活動を、自ら楽しんで行うことが出来るのでしょうか。それは、人に与えることによって思っている以上に沢山、そして大きなものが得られるからです。

実際、ボンラティアも仕事も本質は変わりません。そこにお金という自分が提供した価値を数値化した情報を得られるか得られないかの違いだけです。

本質自体は変わらないのに、お金が絡むと自分のことばかり考え、人に対して何かを与えたいという気持ちを失ってしまうのはなぜでしょうか。それは、与えるという本質自体がお金という存在に隠れてしまうからです。

ですが、ボランティアはお金自体が存在しないので、与えるという本質しかありません。なので、お金を得る変わりに周りのために動いて喜びや楽しみ、貢献する気持ちといった本質そのものを受け取ることが出来ます。

仕事もそれと同じ活動にも関わらず、お金の存在が大きいために貢献した気持ちなどを得ることが出来ない人が増えているようです。そのため、お金は増減するのでそれと同じく気持ちも増減します。

ですが、ボランティアのように人に与え、相手の喜びなどを報酬として受け取るだけなので、与えた気持ちが減ることはないでしょう。逆に喜んでもらえることでもっと与えたいという気持ちが出てくると思います。これが、仕事の本来の姿ともいえるでしょう。

ボランティアをしている仲間の大切さ

今、本当の友達が出来ないという人が増えていますが、その1つは友達に自分のメリットを求めている人ばかり自分の周りにいるということが考えられます。自分にとってメリットのある人を友達にしようとする人は、自分にとってメリットにならない人は友達にしないという人ではないでしょうか。

仕事では必要なことはあるかもしれませんが、友達となるとメリットデメリット関係なく、本当に心と心で繋がり逢うことが出来るのが本当の友達といえます。

ボランティアをしている人は、無償で他人に与えたいという人ばかりなので、メリットデメリット関係なく自分の力を他人に与える心の広さを持っているといえます。

そうしたありのままの自分でいられる友達を持つのと、メリットが得られない人を友達にしない人では、どちらの人と友達になりたいでしょうか。たとえ、友達にとってメリットがある存在で安心していたとしても、常にその人のメリットになる自分になるために頑張らないといけないので疲れてしまうでしょう。

それなら、最初からそうした人と付き合わないことが大切です。自分で自分の居場所を選べることが普通だと思える自尊心を持つことはとても大切なことといえます。

自分の欲しい人とのつながりは?

自分にとって素晴らしい仲間やパートナーが欲しいという人は沢山いると思いますが、それをより詳しく求めている人は少ないようです。その人はどこにいるのか、何歳くらいの人なのか、性別はどちらか、どんな仕事をしている人か、といったことをより詳しく決めておくと、より出会いやすいでしょう。

ほとんどの人は決められた学校、決められた仕事と自分が明確に決めて理想の人間関係を求めていないようです。ですが、理想の人を見つけるには、求めて行動することが大切です。ボランティアをしている団体などはそうした人を見つけるのにはベストな場所といえます。

なぜなら、年齢や性別、仕事が合う人はどこでも見つけられるかもしれませんが、自分にとってメリットデメリットになる人を友達にしようとしている人ばかりの中、相手のことを中心と考える人が集まっている場所といえるからです。そうしたところで出来る人間関係は一生涯の付き合いが出来る場所といえます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加