> 雑学 > 慌てるからこそ損をする?慌てる前にするべき事とは?

慌てるからこそ損をする?慌てる前にするべき事とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.21

慌ててこんな経験がありませんか?

慌てたら危ないよ!とか、慌てるとろくな事がないよ!とかよく言われますが、人間ですからわかっていても、つい慌ててしまうという事が誰にでもあるでしょう。では、なぜ慌てると危なかったり、ろくな事がないのでしょうか?

これまで、朝寝坊をした事など一度もないという人は滅多にいないと思いますが、朝寝坊をした時にまず思うのが「しまった!」ではないでしょうか?その後に、会社の始業時間に間に合うかどうか?という事かと思います。そこからは、もう慌てふためいての行動になってしまうという人が殆どでしょう。

とにかく、早く家を出なきゃ!という意識が先走ってしまい、朝の準備も時計を見ながら雑に済ましたら、あとは駅まで猛ダッシュ!ところが、駅に着いたら定期券を家に忘れてきていたとか・・・急いで切符を買おうとしたら、財布まで忘れてきてしまい呆然と立ちすくんでしまったり・・・

一転集中でしか見えなくなってしまう?

朝寝坊の達人となりますと、このような経験を踏まえて忘れ物も最低限で被害も少ないのでしょうが、そんな達人でもない限り、慌てながらも完璧に近くするのは至難の技というものでしょう。では、慌てるとどうして悪い結果に結びつきやすいのでしょうか?

まず、朝寝坊の場合ですと、とにかく急がなくてはいけない!という一点に意識が集中し過ぎるからでしょう。他の事を意識する余裕がないという事ですから、当然といえば当然の結果なのかもしれません。逆に、集中力がなくて困っているという人は、挑むべき事に対して慌てるような環境があればいいのかもしれませんね。

達人ともなれば、何度も朝寝坊を経験しているので、過去の失敗が頭をよぎるのでしょう。苦い経験が意識の一点集中を防いでいるので、致命的ともいえるようなミスをあまりしないのかもしれません。これは朝寝坊に関わらず、その他の事でも経験が慌てている気持ちを抑えるという事が誰にでもあるかと思います。

慌てて失敗しない為にはここが大事です!

なので、何度か苦い経験をしているという事に関しては、慌ててもそれ程の被害が起きる可能性が低いかもしれませんが、まったく未経験の事に関しては一点集中によって、悪い結果が出る可能性が非常に高いといえるでしょう。ちなみに、何度も同じ悪い結果を繰り返しているという人には当てはまりません・・・

会社でも、いつも慌てて失敗をしているという人と、いつも慌てているのに失敗が少ないという人。前者は同じ間違いを繰り返すという人でしょうが、後者は慌てている振りをしながら、一点集中を防いでいるのかもしれませんね。

初めての事案ほど慌てると悪い結果が出るという事を常に覚えておいて、少しでも迷ってしまう事案に関しては、他人の意見を聞いてみるという事を忘れないようにしたほうがよいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加