> 雑学 > 必見!人前であくびが出そうなときにあくびを止める裏ワザ

必見!人前であくびが出そうなときにあくびを止める裏ワザ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.28

眠くなると生理現象ととしてあくびが出ますよね。しかし、このあくび、時としては、出てはいけない時に出てしまった経験は誰にでもあると思います。

もし、そんな時にもあくびを止めることができる方法があったなら・・・。失礼にあたることはないのです。そんな夢の方法をお教えいたします。

あくびのメカニズム

そもそもあくびとは、なぜでるのでしょう。それは、脳が酸素不足になり、あくびをすることで、脳に酸素を取り入れているのです。そのため、あくびをすると、人は一時眠気から解放されます。仕事中ではきっと眠ってはならないのであくびがでると考えられます。しかし、大事な会議の最中にあくびをするほど失礼なことはありません。

あくびがでない

また、あくびがでないと人はどうなるのでしょうか。あくびがでないことも実は、問題なのです。猛烈に眠くなったとき、人はあくびがでないのです。つまりほぼ寝てしまうのです。どうしよもなく眠いときを観察してみてください。あくびが出ていないはずです。

あくびをとめる画期的な方法

あくびがでると出ないとでは、出た方が良いということがおわかりになったかと思います。しかし、いくら生理現象とはいえ、人前で出すことはどうかと考えます。それならば、その時だけ、あくびを止めてしまいましょう。方法は、いたって簡単です。

あくびを止めてハッピーに

ステップ1
まず、あくびが出そうな状態を作る。

ステップ2
あくびが出そうになったら口を開けずに上の歯で、下唇を軽く噛む。この2ステップで出てくるあくびを止めることができます。試してみてください。

最後に

この方法は、くれぐれも大事な会議の時とか、人前でするときのみでの使用をおすすめします。本来、あくびは止めるものではないので、普段は、気持ちよくあくびをしてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加