> 雑学 > アクビが伝染るミラーニューロンで感情も伝染る脳のお話

アクビが伝染るミラーニューロンで感情も伝染る脳のお話

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.12

アクビが人に伝染る様に、感情も人に伝染ります。それは脳にミラーニューロンという働きがあるからです。楽しい感情も伝染るので、笑顔を伝染す様に心がけましょう。

脳にある機能、ミラーニューロン。これは相手の姿を見ただけで、脳みそが自分にもそれを再現させようとする機能の事です。例えば、相手が笑顔であれば、自然とあなたも笑顔になってしまいます。もし相手がイライラとしていたら、あなたにもイライラが伝染ってしまいます。もし相手が悲しそうな顔をしていたら、あなたにもそれが伝染ります。

つまり、こんな風に脳が相手の感情の鏡の様な役割をするのです。アクビが伝染るのも、どうやらこのミラーニューロンの働きでは無いかと言われており、他人の考えている事を読み取ってしまう時も、ミラーニューロンが影響しているのではないかと考えられているのです。このミラーニューロンを使うと、良い事を引き寄せる事が可能です。

ミラーニューロンを使って楽しい気分になる

ミラーニューロンを利用して、楽しい気分を伝染させましょう。例えば、あなたが言葉でコミュニケーションをするのが苦手だったとします。口下手であるために、せっかく交流会などに出席しても、ほとんど何も話す事無く帰っていくのです。

しかし、もしあなたが素敵な笑顔の持ち主だったら、特に何を話さずとも、プラスの存在感を醸し出して帰る事が出来ます。あなたの素敵な笑顔が他の人に伝染って、他の人も自然な笑顔になります。

そういう風に、プラスの感情を表情を通じで発していると、ミラーニューロンの働きによって相手に伝染ります。相手に伝染ったら、今度はあなたが伝染した相手の笑顔にあなたが癒されるかも知れません。プラスの感情の相乗効果が生まれるのです。

マイナス感情のミラーニューロン

しかし、こんなケースもあります。もしもあなたの近くにいる人が、とてもイライラしていたり、完全に怒っている状態であった場合、あなたはどう対処すればいいのでしょうか?

このままだと、ミラーニューロンによって、あなたへ相手のイライラが伝染してしまいます。プラスの感情だけでなく、マイナスの感情も御多分に漏れず伝染させて来ますから。

そういう時は、イメージの中で相手との関係を切り離しましょう。お勧めなのは、相手とあなたの間に心理的な壁がある様に想像する事です。あなたと私は別な場所にいて、見えない心のバリアが相手との間にあるんだという想像を膨らませましょう。そうする事で、ミラーニューロンの影響を受ける事無く過ごせるでしょう。

しかし、これは一つのテクニックであるだけで、なるべくなら普段からイライラしている人や、怒りっぽい人と一緒にいる事は控えましょう。周りの人がマイナスのアクビばかりしている様なものです。

テクニックでイメージングをして、伝染らない様にし続けるのは結構つらいもの。どうしてもそういう相手と関わらなければならない時だけに活用して、なるべくならそういう相手とは接点を持たない様に心がけます。逆に、いつもエネルギッシュな人や、常に笑顔な人、いつもハツラツとしていて、楽しそうな人。こういう人の近くに行く様にしましょう。

脳科学の笑顔、心理学の笑顔

ミラーニューロンは脳科学の神経細胞の話で、先ほど言いましたような、プラスの感情を伝染させるというお話です。そのプラス感情に笑顔が欠かせないという事なのですが、心理学的な意味でも笑顔は重要です。

心理学では、楽しいから笑顔になるという事では無く、笑顔だから楽しい気分になるという逆転発想をしております。これは、楽しいという感情が笑顔を作っているのでは無く、笑顔自体が楽しいという感情を生み出しているという考え方なのです。ですから、日々日常において、常に笑顔でいる様に心がけると、毎日楽しい日々を送る事が出来ます。

誰かに教えてあげる

笑顔によって楽しい気分になれる、笑顔が幸せにしてくれるという考えは、誰でも手軽に出来て、1円もかかりません。こんな素敵な方法を周りの人に教えてあげては如何でしょうか?

あなたの周りに眉間にしわを寄せている人がいませんか?もしいらっしゃったら、その眉間のしわを取るだけでも、人は幸福度合が上がるそうなので、ぜひ教えてあげて下さい。常に難しそうな顔をしている人がいたら、笑顔の効能を教えてあげて下さい。笑顔になると、βエンドルフィンというホルモンが分泌されるので、健康にも良いのです。

あなたの周りにたくさんの笑顔を増やして、ミラーニューロンで、逆にまたその笑顔の効能を受け取って下さい。あなた発の笑顔の連鎖を楽しく試してみてはいかがでしょう?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加