> 雑学 > 誰も思いつかないような斬新なアイデアを生み出すための9つのヒント

誰も思いつかないような斬新なアイデアを生み出すための9つのヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.18

もし、あなたが新商品や新サービスのアイデアを出すのに困っているとしたら、生活スタイルややり方から、色々と改善するべきかもしれません。

世の中の成功者やアイデアマンと言われる人たちは、ちょっとした生活のコツやアイデア出しのテクニックを使って、誰にも考えつかないような斬新なアイデアを生み出して行っています。物が溢れかえってしまっている今、どんな仕事も斬新なアイデアが必要になってきています。

そこで、斬新なアイデアを生み出すために実践したい9個の事を紹介します。たった9個の事を気をつけるだけで、あなたは斬新なアイデアを次々と生み出すことができるはずです。

1.睡眠を大事にする

アイデアが形になるのはいつだと思いますか?実は、アイデアは寝ている間に形になります。もし、何か小さなアイデアを思いついたとしても、その場で無理矢理形にしようと思うのでは無く、一晩アイデアを寝かせてみて下さい。すると、不思議なことに前日に思いついたアイデアは思わぬ形に育っていることがあります。

また、いくら考えてもアイデアが思いつかなかったとしても、一晩寝た後ならすんなりとアイデアが出てしまいます。アイデアマンになりたいのなら、まずは睡眠を大事にしましょう。

2.利き手とは逆の手を使う

利き手とは逆の手を使うことで、脳の普段使わない部分を刺激して、アイデアを出しやすくすることができます。パソコンのマウスやスマートフォンを持つのを時々、逆の手にして操作してみましょう。いつもは、すんなりできている作業や操作も違和感や難しさを感じるはずです。

その「違和感」や「難しさ」といった普段は体験しないことが脳は新鮮なことと錯覚して、結果的に思いも寄らないアイデアを生み出します。

3.ストレスを排除する

アイデア出しの一番の大敵はストレスです。ストレスを感じて、イライラしているときはアイデアが生まれることはありませんし、柔軟な考え方ができなくなるので、なるべくリラックスした状態にしておきましょう。アイデア出しの前にストレスを排除するという儀式を設けるとアイデア出しのスイッチが入りやすくなって効果的かもしれません。

4.逆に考えてみる

斬新なアイデアは、物事を反対の目線から見たり、考えたりしたときに生まれる物です。逆転の発想というやつですね。逆転の発想を生むには、物事を逆から考える必要があります。そういった事が難しいという人は、自分で思いついたアイデアに対して「なぜ?」と質問し続けるといいかもしれません。

5.視点を変えてみる

物事を多角的な視点で見ることは、アイデアを生み出す上では有効な方法です。なるべく、1つの物を色々な角度で見るように心がけましょう。

「物事を見る視点を変える」というのに、ピンとこないという人は、自分以外の人になりきってみるといいでしょう。そういった人をイメージしながら物事を見ると、イメージした人の目線に近い意見を出せるかもしれません。

6.〆切りを決める

アイデア出しを時間無制限で行っているなら、いますぐやめたほうがいいでしょう。〆切りや制限時間があると、集中力を効果的に保つことができ、ひらめきが生まれやすくなります。ダラダラと時間を浪費していては、アイデアが生まれることはありません。

7.軽く身体を動かす

身体がこわばってしまっては、頭も硬くなってしまい、柔軟にアイデアを生み出すことができなくなります。軽く運動をして、身体をほぐしましょう。身体を動かすことで、脳の疲れを取ることができます。少し汗をかいて、身体や頭、心をリフレッシュすることで、アイデアは出やすくなります。

8.「ダメ」をNGワードにする

アイデア出しを複数人出するときは、まずは実現不可能な奇抜なアイデアであっても、「ダメ」など否定的な意見を言うのを避けましょう。否定派アイデアや発想の妨げになってしまいます。アイデア出しの会議やブレインストーミングをする場合は、「ダメ」というのをNGワードにしましょう。

9.別ジャンルからヒントを得る

アイデアとは、既存のものの新しい組み合わせから生まれる物です。完全なオリジナルは存在しません。既存のものの組み合わせをする上で、全く異なるジャンルの物からヒントが見つかるかもしれません。日頃から、旬な情報などをキャッチできるアンテナを鍛えておきましょう。

斬新なアイデアはやり方次第で次々生み出せる!

アイデアを出すのは特別で特殊な人たちがやるイメージがありますが、けしてそうではありません。あなたも、少しやり方や考え方などを変えることで、ヒット商品や革新的なサービスを提供してきたアイデアマン達のような思考ができるようになるはずです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加