> 大人 > 誤解を防げ!電車で痴漢に間違われないための予防法!

誤解を防げ!電車で痴漢に間違われないための予防法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.27

今回のトピックは痴漢に間違われない方法です。人生にトラブルはつきものですし、その予防策さえ知っておけばこんな事にはならなかったのに、と悔やまれる事も多いです。そして後悔した頃にはもう遅く、その予防策を知らなかったばかりに人生がどん底に落とされることもあります。

以前「それでもボクはやってない」という映画が話題になりましたが、実際に何もしていないのに痴漢に間違われて、職も失い、家族からも見放され、すべてなくなってしまったという、悲惨なケースもあるようです。

今回はそんな事にはならないよう、痴漢に間違われない3つの方法をお伝えします。身体に触れないや女性専用車両などの当たり前の話ではなく、痴漢に間違われないマインドセットをお伝えしようと思います。

1:女性を見ない

まずはコレにつきます。満員電車などの身体が密着するような場所では、まずその女性を見ない事につきます。魅力的な女性はとても多く、素敵な女性程、見ておきたい、見ておかないと二度と会えないかもしれないからもったいないと思うのは男性ならあるでしょう。

それは自然な事ですので、その気持ちは否定しなくてもいいのですが、ずっと見ていたり、最悪身体に触れたりしてしまったら問題になってしまいます。なので思考から打ち消す習慣をつけます。見ておかないと損だからと見てしまうと、もっと見たいという衝動にかられ、頭から離れなくなります。

なので最初から見ないのにつきます。それでも視界に入ってしまう事はありますので、一度気になってしまったら、頭の中でものすごい不快なものを想像すると気持ちは一気に冷めます。どんな事でも良いので、自分の気分が悪くなるようなものです。そうですねー、例えば、今朝出した生ゴミの袋や、吐きそうになるような強烈なイメージなどもいいですね。

女性専用車両とはとても理にかなったアイデアであり、とても効果はあります。痴漢が起きる原因を根元から断ち切るという事ですね。

2:女性を拒絶する

電車やエレベーター、その他女性と身体が密着しそうな(または女性が警戒するような)場所では女性を完全に拒絶しましょう。物理的な話です。身体と身体の接触を完全に断ち切ります。なにがあっても心を開かなければ、相手も嫌がり、こちらを拒絶します。

「なんであんたなんかに嫌がられなきゃいけないのよ」という、反発する心理ですよね。この人間心理を利用しましょう。この状態で痴漢に間違われる事はありません。例えば、女性が何か困っているようなケースでも優しさを見せるような事はせず、こういう場所に限り、完全に拒絶しましょう。

冷たいように見えるかもしれませんが、自分を守るための自己防衛であり、どちらにとっても良い事なのです。接点を持たなければ、間違われる可能性など完全になくなります。

通勤電車の中で、音楽を聴きながらとか英語教材を勉強しながら、または本を読んだりなどと注意がよそに行っている方は注意しなければなりません。そのような習慣は完全に女性を拒絶しつつ、行いましょう。

3:性欲を断ち切る

1と2のまとめのようなマインドなのですが、公の場での性欲を手放す事です。セクハラであれ、ストーカーなどであれ、女性は性的対象として見られる事を嫌がります。中には見られて自信になるとか、きれいな女性などは逆に誇らしい気持ちになる人もいるかもしれませんが、私が知る限り、ほぼすべての女性がいやらしい目で見られる事を嫌がります。

コレは痴漢行為に限らず、デートや恋愛においても同じ事が言えます。女性は心を許すまで男性を拒むのが常です。女性というのはそもそも限られた優秀で愛する男性の遺伝子を残す事が目的であり、不特定多数の男性と結ばれる事ではありません。

言い換えるのなら、女性は男性を拒絶する生き物なのです。最初から身体目当ての男はダメだとか、初デートでいきなりホテルに誘われて気持ち悪かったなどという話はよく聞くでしょう。それは当たり前の話で、女性の立場からすると、数回しか会っていない男と性行為をし、遺伝子を残そうなんて、ギャンブル以外のなにものでもなく拒むのは当然なわけです。

話は脱線しましたが、どんな状況であれ女性に警戒心を与えない環境を作れば、絶対に痴漢に間違われたりする事はありません。これはストーカーなどにも同じ事が言えます。女性の立場に立って考えてみましょう。なので女性に対して性的欲求を排除して接すると、ほぼ間違いなく女性は安心し心を開いてくれます。

恋愛に発展するか否かはその後の男性の魅力次第ですが、この方法で痴漢に間違われる事はなくなりますので、徹底してこれを習慣化しましょう。やってしまった後ではもう遅い。一時の衝動や欲望を満たすための行為が、人生を破綻させてしまいますので、気をつけましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加