> 大人 > なぜ、多くの有名人は水に注目しているのか?水がもたらすメリット

なぜ、多くの有名人は水に注目しているのか?水がもたらすメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.03

最近スポーツ選手でも水を飲む人がたくさん増えてきていますが、その理由は何なのでしょうか?水が健康に良いと分かってきたのは最近のことではなく、実は100年近く前から研究している人もいるほど水が健康に関する深い繋がりがあるようです。

ここでは水を飲むことでどんなメリットが得られるのかということをみていきたいと思います。

1 .身体の痛みが和らいでくる

水を飲むことが体の痛みを和らげるということを明確に伝えている人は少ないかもしれませんが、ある文献によると水を飲むことによって体の関節痛や腹痛、腰痛等を柔らげることができるということが分かっているようです。

その理由の1つとしては人間の体の約70%以上は水で出来ているという点から考えると、自分の体を健康的に保つためには水分のある食べ物や飲み物を多く取る必要があるということが分かってくるようです。

水を飲むことによって関節や骨などの潤滑液として働く機能があり、体の節々に痛いところがある時に水を飲むようにすることでその痛みを和らげることができるという事実も分かっています。

特に水を飲む量と言うのは決められていませんが大体コップ3杯程度でも効果があります。ですが1日に18リットル以上大量に飲んで低体温症になってしまい死亡したケースもあるので飲み過ぎには注意しましょう。

2.精力が向上する

精力は特に男性にとって重要なもので、自分では常に高い精力を保ったおきたいと思っていても環境や年齢、自分の状態などによって高かったり低かったりすることで、自分ではなかなかコントロールできないようなものではないでしょうか。

そのため、精力を増強するサプリメントなどが沢山販売されています。様々なものが販売されていたりいろいろな噂があるので一概にどれが自分に合うというものは定かではありませんが、人間の体から考えたときに水が精力を向上するというのは論理的に考えられることです。

やはり体の全体の70%以上が水分で出来ているということから考えると水を飲むことで全身に血液が行き渡るので結果的に精力も向上することになるでしょう。また精力を引き出したいときに感じる脱力感や無力感なども水を飲むことで解消されるとされています。

3.眠気を抑えることができる

眠気を感じた時に何かを飲むと言うのは眠気を抑えるのに有効であるという事は多くの人が知っていることだと思います。特に有名なのがコーヒーで、コーヒに含まれているカフェインは眠気を抑え、ウーロン茶や緑茶なども効果があるとされています。

では水は効果がないのかというとそんな事はありません。飲み物に限らず体に食べ物や何らかのものを体内に入れるという事は体の状態を変えることになるので、一時的に眠気という状態を抜け出すことができます。なので眠い時にご飯を食べたりジュースを飲んだりすることで眠気は一時的に妨げることができます。

ですが、長期的に考えたときに水は健康面でも効果を発揮してくれる飲み物になります。

体は体内に入ってくる物質を見分けて吸収と排泄を繰り返す優れた機能持っていますが、体に悪い飲み物や食べ物を入れ続けると長期的に見ると体にずっと負担かけ続けていることになるので眠気は覚めるかもしれませんが、そのあとに慢性的疲労が続く可能性もあります。

ですが水は毎日飲んでも長期的に見ると身体に与えるデメリットなどはなく逆に健康的な体を維持することに役立ちます。

水を飲むと体が冷えて免疫力が低下すると言う考えもありますが体全体に血液が流れ、行き渡るようにしてくれる効果があることとずっと体温が低くなるわけではないということからも、メリットは大きいと考えられるでしょう。もし体冷えるようであれば冷たい水よりも少し温かい水をなどを飲むといいでしょう。

水を飲むことによってメリットが得られたという事例は多くあるようで、例えば昔、全く医療機関がなかった場所でたくさんの病気を抱えた人たちに水を飲ませることでそれらの病気を治したというケースもあるようです。

特に最近ではプロのスポーツ選手も水をたくさん飲むことを重要視していてそれによって自分が持ってる力を今まで以上に引き出している人も多いようです。1日に飲む量の目安としては約1リットルから2リットル、多い人では3リットルから4リットル以上飲むと体に良いとされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加