> 大人 > あなたは彼女には出来無いことが出来る!女性があなたに求めること

あなたは彼女には出来無いことが出来る!女性があなたに求めること

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.11.02

男と女は違って当たり前!

男性と女性。人類の性別が明確に別れているのは、生物学的に見て「役割」が違うということを表しています。

原始時代では男は狩りに出て食料を調達する役割、女は住処で子どもを生殖可能になるまで守り育てることで次世代にDNAをつなげる役割が普通でした。

そうした役割分担のなかで男はどんどん筋肉が発達し運動能力を高め、待つ側の女性は食料が尽きてもしばらくは頑張れるように脂肪を蓄えるようになったのです。身近な進化の例です。

女性が社会進出するようになったのは近代型の経済社会が形成され、物理的な体力の差が経済力の差になることが少なくなったからです。デスクワークや接客業に狩りのような体力はいりません。

そういう現代であれば職業の性差別は非難の対象となるのは当然でしょう。しかしそんな社会になったのはせいぜい100年以内この4世代程度です、数十万年単位で進化してきた我々ホモサピエンスの体には性差の役割がまだまだ残ったままです。

あなたは無意識に求められています

男性と女性はこの性差の役割をお互いに求めています。役割分担があるということはカップルにならないと次の世代が残せないことを意味しています。単に子どもを作るだけではなくて、次の世代が作れるようになるまで十数年間継続的に育てる必要があるからです。

次の世代を作らないのは生物としてはありえません。もちろん個を主体とする現代社会ではそんな発言をすると問題になるので強調しておきますが、ここでは生物種としての継続性の話です。

どんなに口では「一人が気楽でいいわ〜」と言っている女性でも無意識的な生物レベルでは確実にカップルとなる男性を求めています。今までそんな雰囲気はなかったのに、急に男を見つけてあっという間に結婚した例は身近にも多いのではないでしょうか。

女性の方向音痴はDNAで決まっている!?

例えばこういう状況を考えてみましょう。初めての街で地図を見ながら歩かなければならないとします。多くの男性は地図を見ながら実際の方角を確認することで、割とすんなりと目的地にたどり着くことができます。

地図上の自分の位置が俯瞰的に想像できるからのようです。ところが女性だとこうはうまくいきません。道を地図に書いてある通りに順にたどって、思わず通り過ぎたり戻ったりしながら苦労して進まなくては行けません。

これは基本的に男性の方が方向感覚に優れているということの現れです。なぜなら原始時代では、狩りをしに出かけてちゃんと住処に戻って来れない男はDNAを残す可能性が低いからです。

役割分担のなかから、自然と男性は目的地に迷わずたどり着くという能力を身につけていきました。これは当時の女性には必要の無い能力でした。

道を教える役割があなたを意識させる

ところが現代社会では道に迷うのは非常に困ります。得意先でのプレゼンに遅刻するなど、経済活動に直結する可能性もあります。

ただし、方向音痴は現代ではDNAが残せない程重要な事項ではありません。この能力を女性全体が進化で身につけるのはもう難しいのかもしれません。

そこで男性であるあなたの出番です。役割分担として女性を助けてあげましょう。単に道案内することもできますし、道に迷わないコツを教えてあげることもできます。

女性はそんなあなたの姿に、自分にはできないことができる人、つまりパートナーになる可能性を「無意識に意識」します。

あなたの役割をアピールしよう!

他にも男性だけが得意なことは多々あります。AV機器の設定や車の運転などがそうでしょう。

ちょっとしたことですが、そういった小技をちょこちょこ見せていけばあなたも彼女から「求められる人」になれるのです。ぜひあなたの役割をアピールして、求められる男を目指していきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加