> 大人 > 女性専用車両論争!結論は「男性専用車両を作ること」しかないのか?

女性専用車両論争!結論は「男性専用車両を作ること」しかないのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.22

女性専用車両導入までのいきさつ、その正しい利用法

女性専用車両の歴史は古く、明治45年にさかのぼります。その当時は「男性と女性が身をくっつけ合うのは好ましくない」という風紀的な理由から、東京の中央線を中心に開始されたのですが、そもそも電車に乗って通勤する女性の数が圧倒的に少なかった時代のため、すぐに取りやめになりました。

戦後すぐにも、やはり男女が同じ空間にいるのはよくないということで京浜東北線などで再開されたのですが、やがて「シルバーシート」の導入とともにうやむやに廃止されていきました。このような前提を踏まえて、全国でさまざまな話し合いや取り組みがなされた結果、平成13年から再々度の導入となったのです。

現在では、ほとんどの在来線がその利用を時間制(朝のラッシュ時に限定)とし、帰宅時のラッシュ時や昼間、休日は女性専用車両としての利用はさせていません。ですから、朝出勤する会社員の人々だけが主に利用しているということになります。

一般的に知られているのは、女性専用車両制度は痴漢の犯罪を防止するためにラッシュ時の男女を分ける(男性側からの冤罪防止の観点からも)という理由付けであろうと思います。

もちろん、それは大きな理由のひとつです。ですが、それに加えて障害者や年配者、通学する小学生くらいまでの子供をラッシュから守るためもあります。

ですから、正確には「女性、障害者、シルバー・キッズ専用車両」と明記すべきなのですが、ほとんどの鉄道会社では「女性専用車両」と大きく書かれていますから、誰もが「女性しか乗ってはいけない車両なのだ」と思ってしまっても仕方がありません。

女性専用車両は男性差別!?

よく議論の先頭に上がるのが「女性ばかり守られて、男性はどうなのだ」という論点です。確かに、ぎゅうづめの電車の中、痴漢の被害は毎日起こっています。

しかし、痴漢をしない男性がほとんどであることは歴然とした事実。一部の犯罪者が男性に限られているからといって、すべての男性が連帯責任をとらされてはかなわん、ということです。

男性の言い分としてはよくわかります。現に、密集している場所では誰が触っているかわからないですから、男性は常に「痴漢冤罪」の危機にさらされています。両手を吊り革に上げ、カバンを股にはさんで絶対に疑われないようにしている男性陣の姿は涙を誘うものがあります。

しかし、女性にとっても痴漢は不快以外のなにものでもありません。無断で身体を触られたり、はさみでスカートを切られたり、いかがわしい言葉を耳元でささやかれたり…怖くてガマンしていると、嫌がられていないと勘違いされて毎朝ターゲットにされたりする女性も大勢います。

ですから、女性専用車両の存在そのものは、どちらの性にとっても特に異論を持たないものなのでしょう。明治時代や戦後から変わらず、男性はどうしても女性が密着すると普段より緊張してしまうし、女性も毎朝疑いながら通勤、通学するのは大変なストレスです。

問題は、導入後にあるようです。物理的な問題(専用車両が先頭にあることが多いため、男女ともに利用しづらい、各鉄道会社によって利用時間が違うなど)は利用者の声によって改正することも可能でしょうが、利用者のモラルはなかなか改善が難しいものです。

うっかり知らずに乗ってきた男性に対してすぐに降りるように文句を言ったり、年配の男性や小学生にもあたかも痴漢を見るような目つきで見たり、といった利用者がいるのは事実です。

また、女性専用と名がついているだけで女性トイレと勘違いしているのか、化粧を堂々としたり、ストッキングを履き替えたりといったマナー違反。それでいて男性が入ってきたらさも「ここは女性専用ですよ」と言えるモラルのなさ。こういった面は、同じ女性同士でも目に余るものがあるらしく、恥ずかしいという女性も多くいます。

単に「男女ともに不愉快を避けるために導入された棲み分け」である制度ということを理解せず、当然の権利といった解釈をして乗車する一部の女性が、男性陣の神経を逆なでしているのが現状なのでしょう。

男性専用車両の導入は実現可能か

では、解決するにはどうしたらいいのでしょう。よく叫ばれる男性専用車両ですが、女性専用車両にすべての女性が乗っているわけではないことを考えると、やはり近々には実施は難しいでしょう。あくまで出勤時だけのことですし、やはり男性のほうが人数的に圧倒的に多いこともあります。

解決策はないのか。あくまでひとつの考えですが、上記に挙げたように、名称を変えてみるということがあります。「女性専用車両」ではなく、「女性、ハンディのある人、シルバー・キッズ専用車両」とし、出勤ラッシュ時に支障が出る可能性のある乗客を乗せるというコンセプト車両にすべて統一すればいいのではないかという提案です。

それであれば、例えば足を骨折した男性でも乗れますし、大きな荷物を抱えた外国人でも許容できます。こうすると「女性という性はハンディなのか」などと言い出す女性もいるかもしれませんが、案としてはいいのではないでしょうか。

そもそもを言えば、痴漢をはたらく男性がいるからいけないのであり、さらに元をたどれば都心一点集中型の上、ほぼ同時刻に出勤するという日本の勤務体制がいつまでも改善されないから…などという話になってしまいますが、ともかくも、一日も早い解決を願ってやみません。

このエントリーをはてなブックマークに追加