> 大人 > 慰めずに一緒にいるだけで、親しくなる恋愛術

慰めずに一緒にいるだけで、親しくなる恋愛術

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.09

女の子によく多いのが、一緒にいてくれるだけで良いから隣にいてくれないという人です。

寂しいのかなと最初は思っていたのですが、もちろんそういう気持ちもあるのでしょうが、女性というのは生理もあるため、ホルモンバランスが崩れ気持ちが不安定になりやすく、表現出来ない不安や心配になったりするそうです。

おそらくそのため、手をつないでいて欲しいとか、隣にいてほしいという表現になるのだと思います。基本的にこういう時は何も喋らなくていいです。とゆうより、喋らない方が良いですね。

わたしを含め、余計な気を回し、いろんなアドバイスをしたり、気分転換させてあげようと遊びにつれてったりして、怒られてしょぼんとなっている男をたくさん知っています(笑)

なので今日は、慰めずに一緒にいるだけで、親しくなる恋愛術についてお話しようと思います。どうぞ最後までおつきあいいただきまして、意中の女性を手に入れられてください。これは本当に使えますので、ぜひ活用してくださいね。それでははじめようと思います。

好きな女の子はいますか?

もし、あなたに好きな女性がいて、彼女がなにかで落ち込んでいたら、この方法を使うとかなりの確率で落とせます。誰にも異性のタイプというのは存在しますし、わたしもあります。こんな女性とは付き合えない・・・生理的に受け付けないという類いの表現になりますでしょうか。

わたしで言うと、下品な女性、気の強すぎる女性、暴力を振るう女性、太りすぎている女性などもだめですね。他にもありますが、この方法は、生理的に受け付けないと相手の女性に思われていたとしても、その壁すら乗り越える可能性を持っています。

もちろん、好かれたいのであれば、彼女の理想の男性を目指すのは必要ですが、ただ黙って一緒にいるだけで、女性は心を開いてくれ、関係を深めて行く事は出来るのです。

女性というのは、案外厳しそうに見えて寛大だったりします。わたしだったら絶対にお金のためでも自分の体を売って見苦しいおっさんと性行為をするなんて無理なんですが、女性は結構出来ますよね。

これと比較してはいけませんが、女性は基本的に男性を受け入れる姿勢は持っています。仮に太っている男性は無理だと言っている女性も、一度心を開かせれば、セックスまではいけます。

その後の関係は相性の問題となってきますので、生理的に受け付けられないという壁は努力で超えられる壁だとわたしは思っています。

実際にどのように使うかですが、本当にただ黙っていてはだめです。隣にいて、うんうん、そうだねと聞いてあげる。否定しない。強制しない。助言しない。そして相手の心が楽になってきたら、少しずつぽつぽつと話しかけてみても良いでしょう。そしてどうして欲しいかを察するのです。

そこで間違って、絆が深まったと言って、押し倒したら殴られたという人を知っていますが(笑)こういう事は絶対にしないようにしましょう。

女性から求めて来たら答えてあげればいいだけです。女性といのは、基本的に、この人としたい!とゆうよりは、この人だったらしてもいいかな・・・という感じなんだそうです。

なので、どれだけカッコいい男やお金持ちの男に言い寄られても、受け入れる体勢が出来ていなければなにをやってもセックスまではいきません。なので、これはもてない男子諸君にも朗報だと思います。努力でなんとかなるんですからね。

慰めもNG

辛い時に慰めるのは結構だめです。自分がされても分かると思うのですが、泣きそうになってきます(笑)なので、辛い時に慰めてしまうと、相手は更に悲しい気持ちになってしまい、苦しくなってしまいますから、慰めるのはしないようにしましょう。

一番効果的な方法は、自分が理解者だという事を行動で示してあげる事です。仮にあなたが次の日に仕事でも、そこは寝ずに話を聞いてあげたりすると、女性は大切にされていると感じて、あなたに好感を持ち始めます。

ここまでくれば、生理的に受け付けないという壁は結構なくなると思いますので、あとは徐々に距離を近づけて行くだけです。

人間関係で悩んで辛いときは四面楚歌の状態に陥っているケースが多く、実際に大勢に嫌われているかどうかは別として、その女性のメンタルが、そう思わせているかまたは、そういう状態に一時的に陥っているので、そういう状態で、自分はあなたの味方なんだよという態度を行動で見せてあげると、かなり効果的です。

こういう時に、言葉というのはあまり意味をなさないので、ごちゃごちゃ講釈をならべるよりも、ただ相手の目をじっと見て、真剣に話を聞いてあげるとか、そんな感じで良いです。求められたら手を握ってあげるのも安心するでしょうね。自分からは体には触れない方が良いです。

さあこの方法で、素敵な女性をゲットしてしまいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加