> 大人 > 男性が電車に安心して乗るために「男性専用車両」は必要か否か~前編~

男性が電車に安心して乗るために「男性専用車両」は必要か否か~前編~

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.24

男女平等な時代なのだから、「女性専用車両」だけでなく「男性専用車両」も欲しいと考える男性が増えているそうです。たしかに痴漢の冤罪も増えているので、男性は鞄を胸に抱え、手の甲を外側に向け誤解されようが無いような自衛手段を取るのも大変でしょう。さて、あなたは「男性専用車両」の必要性についてどう思いますか?

男性の痴漢犯罪の証拠

男性の痴漢犯罪の証拠は、一般の犯罪と違って状況証拠がほとんどです。サスペンスの知識ですが、痴漢の決定的物証は痴漢をしたとされている容疑者の掌に付着した被害者の服の繊維や被害者の洋服に付いた指紋で、その容疑者が痴漢被害者に本当に痴漢したかどうかがわかるのだそうです。

しかし、ほとんどの場合、被害者の証言だけで容疑者にされた男性は、たとえやっていなくても周囲にばれる事を恐れ、容疑を認めて示談にしてしまう事が多いのだそうです。

その理由は、多くの痴漢事件の場合、被害者またはその痴漢行為を目撃した人による現行犯逮捕です。満員電車の中での出来事です。痴漢のすぐ傍にいた人が間違われてしまう可能性も大いに考えられます。

不運にも痴漢に間違われて現行犯逮捕された人は無実を訴えその場で揉めても、駅員さんに「取り敢えず話を聞きましょう」と言われ、素直に駅事務所について行くと即警察が来て逮捕されてしまうのです。

後は警察の取調室での警察官による厳しい取り調べを受け、否認しても聞いてもらえず、無実を言い張っていると拘留され、それが長期にわたると会社や周囲に噂になって失職したり、家庭が壊れてしまったりする可能性があるのです。

痴漢を自白したら略式起訴で公判に出廷しないまま罰金刑で済むのです。痴漢は卑劣な犯罪であるにもかかわらず、刑事や弁護士に勧められて、「示談で済むのならば・・・」と周囲の噂になって仕事や家庭を失う事を恐れて前科者になってしまう事を知らずに自白してしまうのです。

多くの犯罪の場合、自白しても公判で覆される可能性を考えて、自白と状況証拠だけでは起訴されません。サスペンスでもあるように警察は必ず物証を探すのが通例です。刑法では「疑わしきは罰せず」が常識なのですから、疑いようの無い証拠が必要なのです。

しかし、痴漢の場合は自白すれば略式起訴で罰金刑ですから公判はありません。自白の無いまま被害者の証言と状況証拠だけで起訴しても裁判では、証拠が無くても、法廷で被害状況を訴える被害者の供述に信憑性があるとされて、あやふやなまま被告人は有罪にされてしまうのが通常です。

満員電車の中の目撃者のいない行為である事と、初動捜査で犯人識別検査として容疑者の手の繊維検査をしなかったために証拠も無い、さらに被害女性をこれ以上苦しめないためという同情心からなのです。女性が見たと言えばその裏付けを取ったりしないのです。

示談金目当ての狂言痴漢の被害者の増加

痴漢犯罪は、被害女性の証言が圧倒的に有力です。被疑者にされた男性は失職するのを恐れてすぐに自白してしまうので、被疑者の犯人識別検査(鑑識による掌の繊維検査)がされる事も少ないのです。だからたとえ卑劣な狂言痴漢だったとしてもばれる事は少ないのだそうです。

そして痴漢被害者を装った女性に対し男性は無実なのに弁護士を通じて示談にしてしまうのです。これでは、言い方は悪いのですが、男性は悪徳女性のいいカモです。

そのため、電車の中でマナー違反として携帯電話等を注意されたというだけで、仕返しに狂言痴漢をでっちあげてお小遣い稼ぎをする女性も現実にいるのです。それでも、本当に被害にあっている女性が圧倒的に多いのも事実ですから、被害女性の証言だけが横行してしまうのです。

「それでもやってない」という痴漢の冤罪に最後まで無罪を訴えた男性の映画が大ヒットとなりました。数年前その男性は有罪となりました。昨年「それでもパパはやってない」というドキュメント番組がテレビで放映されました。

最後まで無罪を言い張ったために、その男性は長い裁判のために失職し、さらに「反省の色が無い」という事で実刑判決となってしまいました。それでも妻子は信じ続けているので、真実は藪の中のままです。

この映画は本当に良くも悪くも話題を呼びました。痴漢犯罪に巻き込まれたら無罪でもどうにもならないなら、早く自白して示談金払って普段の生活を取り戻したいと願う人が出てきたのも事実です。

一方、痴漢犯罪は女性の証言だけで決まってしまい、「疑わしきは罰せず」ではなく、「疑わしきは有罪」という意識も植え付けました。この警察や検察の意識を悪用する女性が出てきたのも事実なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加