> 大人 > 真の男女平等はありえない!!男女平等の考察!!

真の男女平等はありえない!!男女平等の考察!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.14

私はここ最近社会に対して言いたい!「真の男女平等はありえない!!!」と。先に認識いただきたいのは私がどちらかの性別を軽視していっているわけではないのです。ただ私が思っているのは、男女平等がどうの、女性差別がどうのと必要以上に声を上げて言っている人ほど性別を理由に優遇されることを望んでいる場合が多いように感じます。そもそも差別と騒がれていることは本当に差別なのでしょうか?男女平等なんてそんなにいいものなのでしょうか?

職場で見られる「男女平等」への疑問

女性差別に関してよく話題に上がるのがお仕事に関してですね。「女性はお茶くみをやっていればよい」なんて古い考え方の人はもういないことを祈ります。もちろん上記の考え方は性差別であり、あってはならないことです。それでもです。私は正直、会社でお茶を持ってきてくれるのはできれば女性であってほしいです。それは他の仕事ができないからではないし、差別をしたいわけでもありません。女性特有の癒し効果でお茶の時間だけでも和みたいのです。男性でもそのような癒し効果がある方もいらっしゃるでしょう。ただ、圧倒的に女性の方がそういった方が多いのです。それは軽視をしているわけではなく私が男性だからというだけです。

肉体労働に関して言えば圧倒的に男性の方が力の強い方が多いでしょう。もちろん男性に負けないくらい力が強い女性もいらっしゃいますし、男性だからと言って必ず力が強いというわけではありません。でも、あなたが経営者で力仕事の募集をしたとき、どちらを採用しやすいでしょうか?面接だけではその人のすべてがわかるわけではありません。そのため少しでも確率の高い方を選ぶということは多少なりとも仕方のないことなのではないでしょうか?

女性であるということで許されてきたことや認められてきたことも絶対あるはずです。今まで女性ということで力仕事を頼まれなかったが男女平等ということで力仕事を頼まれるようになるかもしれません。それで、もしできなかったら女性なのでしょうがないという考えではなく、ただ単に力仕事ができない人と思われるだけです。

男女を差別するのではなく、区別する

私は男性ですので常に女性を守ってあげたいという気持ちは多少なりともあります。男性だから女性より様々な意味で強いと思っているわけではないのです。そこに女性よりも強いから、勝っているからという理由はありません。男性に生まれたからには女性を守れるだけ強くありたい・・・・・そう望んでいるだけです。しかし見方によってはこれも女性差別になるのではないでしょうか?

差別はなくすべきではありますが、区別は必要とされます。そのことをもっと社会的にしっかりと認識し、今後の全体の考えを変えていかなければならないのではないでしょうか?女性差別は存在しました。改善されてきたとはいえ今もまだ残っているかもしれません。しかし、差別と呼ぶには疑問が残ることにまで目くじらを立てなければならない程女性は弱くありません。もっと女性の素晴らしさを理解し、女性であることを謳歌してほしいです。

男女差別をなくすにはまず男性が変わらなければならないことはもう世界中の男性が知っております。男性に責任があったことも重々承知しております。しかし、女性も変わらなければならない部分もあるのです。女性が女性であることに誇りをもっていれば差別と区別の混同もなくなるかと思います。そうなれば男女平等が必ずしもいいものではないという考え方になるかもしれません。

「男女平等はありえない!!」というタイトルでした正確に言えば「男女平等はいいものではない!!」と言った方が正しいかもしれませんね。男性は男性の特権、女性は女性の特権をしっかり理解しバランスをとれればいいのではないでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加