> お金を借りる > 税金の支払いにもサラ金の利用を考えたいワケ

税金の支払いにもサラ金の利用を考えたいワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.22

サラ金というのはどういうときに使うものだと思いますか?欲しいものがあるとき、急に飲み会とかがあるときなど、人によっていろいろな答えがあると思いますが、これはときに「税金の支払い」にも使えることをご存じですか?

自分の個人的理由ばかりではなく、こういう公的なお金のためにサラ金を使ったっていいということ、知っておいて損はありませんよ!税金の支払いにサラ金を使うとどんないいことがあるのか、ご紹介していきます。

忘れた頃にやってくる税金の支払い

今年も何とか乗り切ったとホッと一息ついているところにやってくるのが「税金」ですよね(笑)。社会人なら誰もが等しく負わなくてはならない義務ですが、税金の種類によっては一年に一度しか支払うタイミングがないだけに、意識からすっぽり抜け落ちていることも珍しくないと思います。

税金の支払いが間もなくやってくることなどすっかり忘れ、自由になる残ったお金を別のことに使い切った後にやってくる税金の通知ほどゲンナリするものもありませんよね(笑)。

払わないわけにもいかないけど、お金はもうすっかり使い切ってしまって残りがない。そんなとき、サラ金を使うと便利なのです。サラ金を使えば簡単にお金が借りられますから、納税も簡単に済ませることができるのですから。

納税は社会的信用にも関わる

人によっては「サラ金で借りてまで納税を急がなくちゃいけないのはなんで?」と不思議に思っている人もおられると思います。確かにサラ金で借りると金利だって発生します。そうまでして納税を急がなくてはならない理由とはなんでしょうか?

それは、ひとえに納税が社会的義務だからということに尽きます。納税というのはやるやらないが個人の自由になっているのではなく、やらなくてはならないことなのです。

そもそも税金は社会の公的サービスの維持に使われていますから、税金の恩恵というものは皆知らず知らずのうちに受けているものなのですね。だからこそその費用負担というのは否応なくやらなくてはならないことになるのです。

だからこそ、納税に不備があるというのは非常に問題があることだということはご理解ください。税金をきちんと納めているかどうかというのは社会的信用にも強く関わります。

納めるべき税金を納めていなかったというのは社会的信用を失いかねない問題です。それは社会をにぎわせるニュースを見ていると何となく察せられるところではないでしょうか。

社会的信用はビジネスの継続にすら影響する重大な要素です。信用を失わないよう、納税はきっちりやりたいところですね。

期限内に納めることがとりあえずは重要

だからこそときにはサラ金を使ってでも納税をしたいときというのも出てくるのです。税金というのは年収などから計算して算出されるものですから、理屈で言えば収入があったからこそ税金が発生するという形になります。

税金を課されたけど払うお金がないというのも、これまた理屈で言えばあり得ないことだということになってしまいます。

納税するお金がないというのは、厳密には「お金は別のことに使ってしまった」ということを意味するわけで、これは社会人としては言い訳になりません。やりくりをきちんとできない人だということで信用を失いかねません。

こんなとき、サラ金で借りてとりあえず期限内に納税を済ませておけばどうでしょうか?納税したお金が自分の手持ちなのか借りたお金なのかは問われません。

とりあえず自分が果たすべき責務を果たしたということで、自分の信用は守られます。借りたお金は後でこっそりと返済してしまえばわかることはありません。

公の場では言えないことですが、取っておくべきお金をうっかり使ってしまうというのはやはりあります。人間ですからね。そういうとき、ミスを取り返すフォローの方法として、こういうサラ金の使い方もあることを覚えておくとよいのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加