> お金を借りる > 夜の仕事でもキャッシングはできるか!?可能性をお教えします!

夜の仕事でもキャッシングはできるか!?可能性をお教えします!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.22

キャッシングをするために一番必要なものは、たいていの場合「仕事」ということになります。キャッシングを使いたいという声は無職者などからもよく上るのですが、残念ながらそれらの人の声は叶えられないのがほとんど。

キャッシングというのは仕事をしていて、ちゃんと自分でお金を稼いでいて、借りたとしてもちゃんと自力で返せる人が使うサービスなのです。お金に困っていることがキャッシングサービスの利用資格ではないのですね。

そのため、キャッシングを利用するためにはとにかく仕事が必要です。なんらかの仕事をしていればキャッシングを利用できる可能性が出てくる、というのが基本的な傾向ですが、仕事の内容によってキャッシング審査への影響はあるのでしょうか?

少し特殊な仕事をしていたとしたら…?そのときでもキャッシングは問題なく利用できるものでしょうか?

夜の仕事に対する世間一般的評価

たとえば夜の仕事だったとしたらどうでしょう?この仕事があえて取り上げられる理由、みなさんはわかりますか?

夜の仕事というのは水商売なども多いですが、世間一般的評価はそこまで高くないのですね。昼間働く大企業の正社員などに比べると一段低い評価をされがちです。

仕事に貴賤はなく、夜の仕事でも生計を立てることは可能なわけですが、世間的評価において若干の差があるのですね。

事実、夜の仕事だとローン審査にはマイナスだとする声もあります。夜の仕事というのは必ずしも多くの人がずっと安定してできるとは限らないというのです。

入れ替わりが激しく、その仕事をしているからといって今後もずっとその仕事で生計を立てられるとは限らないとされがちなのですね。

将来のことは誰にもわからないし、どの仕事でも将来性があるかないかなどわからないものなのですが、夜の仕事は特にその面を不安視されやすい職業なのです。その点がローン審査にマイナスになりやすいのですね。

キャッシングと夜の仕事の相性は?

ではキャッシング審査においても、夜の仕事だとマイナス評価を受けてしまうものなのでしょうか?

その可能性はなくはありません。アルバイトなどに比べると長時間働いており、収入もそれなりにあったとしても、だからといって大企業正社員並みの評価を受けられるとは限りません。やはり少し低い評価を受ける可能性はあります。

ですが、キャッシング審査において重視されるのはとりあえずの年収など。高額ローンなどを組む場合に比べ、職業の社会的評価などはそこまで重視されません。

キャッシングというサービスに限ればアルバイトでも使える可能性があるのです。元からハードルが低めのサービスですから、夜の仕事をやっているからといって特別不安に思う必要はないと言えるでしょう。

つまりキャッシングを選んでいる限り、夜の仕事でも利用できる可能性は低くないということです。

独立して生計を立てられるなら問題ナシ!?

繰り返しになりますが、キャッシング審査で重要なのは年収などです。夜の仕事とはいえ、自分一人生計を立てるには十分すぎる収入を得ていれば、キャッシングを利用できる可能性は低くありません。

もし不安ならアルバイトでも利用できるというキャッシングの中でも低いハードルになっているものを選べばなおさら安心です。

キャッシングが利用できるかどうか不安なら、自分の年収などを振り返ってみてください。夜の仕事は若干低く見られがちなところがありますが、収入は決して低くないことも多いですよね。

アルバイトなどよりはるかに多い年収を得ているのなら不安に思う必要はありません。とりあえずキャッシングに申し込んでみるとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加