> お金を借りる > これぞキャッシングの出番!家賃払えないときの上手な乗り切り方

これぞキャッシングの出番!家賃払えないときの上手な乗り切り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.24

キャッシングというサービスはネットや現実社会のいたるところで広告を見かけるものですが、まだ使ったことないと言う人もおられますよね?お金がないときに援助してもらえるサービスですので大変便利です。使ってみるのもよいのではないでしょうか?

しかし「いったいキャッシングなんてどういうときに使うの?」と疑問に思っている人もおられると思います。キャッシングの利用が向いているところがわかれば、いざというときにすぐキャッシングの利用に踏み切れるかもしれませんね。

キャッシングの利用が向いていると思える一つの例をご紹介しましょう。こういうときに困ったらぜひキャッシングの利用をどうぞ。

家賃払えない!

普段生活する中で一番大きな出費と言ったら何でしょうか?ライフスタイルにもよりますが、独立して生活している人の多くは「家賃」と答えるのではないかと思います。

衣食住の基本となる「住」にかかるお金は数ある生活費の名目の中でもダントツで高いお金が必要になることが多いのではないでしょうか?

どんなに安いアパートでも3万程度は必要になることが多いですよね。それよりももっと安いアパートもないわけではありませんが、ワケあり物件になることも多く、なかなか利用には踏み切れない人も多いでしょう(笑)。

その辺の値段を最低ラインとして、上を見たらキリがありません。グレードが上がれば月に10万近いお金が飛んでいく物件だってあります。同居する家族がいればそれくらいになりますよね。

いずれにせよ、それぞれのスタイルに応じてそれなりの出費になることと思います。目安はだいたい月収の三分の一程度だと言われています。

人にもよるでしょうが、だいたいそれくらいのお金が無条件で飛んでいくのですから決して安いお金ではありません。何らかの事情でお金がなくなったとき、払えなくなってしまう可能性がありますね。

家賃が払えないと大問題!?

住む場所と言うのは衣食住を支える基本です。そこを失っては仕事をすることすらおぼつかなくなる人も多いのではないでしょうか。

賃貸に住んでいる人はオーナーにお金を払うことで部屋を借りている状態になるのですから、お金が払えないということは部屋を追い出される可能性が危惧されますね。住む場所を失っては仕事もできず、稼げるお金も稼げなくなってしまいます。

部屋に住み続けることができれば将来的にお金を稼げる可能性はあるわけですから、とにかく家賃を払い、部屋に住む権利を確保することが先決だということになるのですが、ない袖は振れないのが現実。さて、どうしましょうか?

そんなときこそキャッシングを!

さあここでキャッシングの出番というわけです。キャッシングサービスが優れているのは、将来にならないと手にできないハズのお金を今現在手に入れることができるということ。

借りたお金は将来返す必要がありますが、それは将来自分で稼いだお金で返済すれば問題ありませんね。毎日働いていて将来的にもお金を返せるという人なら何の問題もないはずです。

キャッシングすることで負担することになる利子をケチって家賃を滞納し、結果部屋を追い出されてしまえばどうでしょう?

仕事もできなくなり、将来入って来たかもしれないお金も手に入らなくなります。それでもなおキャッシングしない方がよいと言えるのでしょうか?

キャッシングすることで衣食住をとりあえず確保し、キャッシングしたお金は確保した衣食住を活かして仕事で取り返し、返済すれば済む話です。これこそがキャッシングの賢い使い方だと言えるでしょう。

あくまで今のは一例でしたが、たとえば家賃の支払いなどにおいてキャッシングは重要だということを覚えておいて損はありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加