> お金を借りる > 貯金よりまずは借金返済から!?上手な借金のこなし方をご紹介

貯金よりまずは借金返済から!?上手な借金のこなし方をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.11

スピード感が求められる現代の社会にあっては、急ぎの案件が急浮上することもよくあります。そのタスクをこなすにあたって、少々お金が必要になることだってあるでしょう。

話が急であるだけに自分のお金だけでは間に合わないこともあると思います。キャッシングといったサービスがたくさん登場しているのもそんな時代背景と無縁ではありません。

お金が借りられるサービスがせっかく簡単に使えるようになっているのです。必要に迫られたら使ってみてもよいでしょう。ただし、借金にはなりますので、上手なこなし方を知っておきましょう。

貯金よりまずは借金返済から!?

お金は使うためにあるとはいえ、ある程度の貯金はあった方が健全ですよね。貯金に励んでいる方もおられると思います。

ところで、今いくらかのキャッシング利用分があったとしたら、貯金と返済、どっちを優先すべきだと思いますか?絶対の答えを出すのはなかなか難しいのですが、できれば借金返済から取り組まれることを勧めます。そちらの方がお得だからです。

借金には前倒しで返済するというプランが用意されていると思うのですが、そうすることで金利面がお得になるのはご存じでしょうか?

借金の利子というのは金利が高い方が多くなり、低ければ低いほど少なくなるというイメージが一般的です。それは間違ってはいないのですが、他にも利子の多寡を決める条件があるのです。

それは借入期間の長さです。同じ額を借りているときでも、一か月でそれを返済する場合と一年間借りた上で返済する場合とでは、後者の方が圧倒的に利子は多くなります。

分割返済で少しずつ返済していくケースを考えても、やはり一年近くないと返済できない場合、利子の高騰は避けられません。

貯金に回すお金があるのなら、少しでも返済に充てて借入期間を短縮されることを勧めます。そうすれば完済までにかかる利子も減って、長い目で見ればお得です。

不測の事態に対するリスクヘッジにも!

借金を早めに返済しておくことの利点は他にもあります。それ自体がリスクヘッジになるのですね。

借金をしているとき、常に一抹の不安が残るのは「万が一の可能性」があるからです。失業したらどうしよう、ケガや病気で働けなくなったら…というもの。

考え出したらキリがありませんが、実際にそういう事態になって借金返済が難しくなる人がおられるのは事実です。

そういう不測の事態に陥ってからどうするかという点も重要ですが、まずは問題なく働けている今のうちに少しでも返済を終わらせておくということが最大のリスクヘッジですね。

早めに返していけば利子も少なくなるという先の利点とあわせて考えればダブルでお得。借金は返せるうちに返す。これが借金のこなし方の基本です。

バランスには注意を!

ただ、ある程度の貯金があった方が健全というのはあります。不測の事態が起きて急にお金が必要になるというのは借金返済中でも起こりえます。

自由になるお金をすべて返済に回していては、日常生活で必要になるお金を調達するためにまた借金するということにもなりかねません。

貯金の目安として、自分が失業しても一年程度は暮らせるだけのお金を持っておくのがよいというのはよく言われることですね。

それを目安として、今の貯金を考えてみてください。それくらいのお金が貯まっていれば、余ったお金はすべて返済に回しても構いません。

貯金まで含めて今ほとんどお金がないというときは、余ったお金は貯金としてストックしておくのもアリです。その辺りの目安は自分で作り、上手に判断してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加