> お金を借りる > 転職期間のキャッシングはできる?事前に知っておくべき答え!

転職期間のキャッシングはできる?事前に知っておくべき答え!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.10

社会人なら誰もが多くの時間を費やすことになる「仕事」。楽な仕事は何一つとしてありません!一つの仕事をやるだけでもかなり神経を使いますから、「本当にこの仕事でいいのか…?」と悩んでいる人がほとんどではないでしょうか?

以前より転職におけるハードルも低くなってきていることですし、一つの職業に一生を捧げるという人も減ってきています。もっと良い職業を求めて転職する人も増えてきていますよね!

いろいろとやってみることができるのはよいことですし、転職したいと強く思うなら一回くらいやってみるのもよいのですが、実際転職を狙うときは気をつけたいこともあります。

転職期間にはけっこうお金がかかるという現実は理解しておくべきでしょう。転職活動をするにも交通費や雑費でけっこう持っていかれるものですし、すでに退職している場合は生活費で蓄えがなくなっていきます。

転職期間に入る前に、できればいくらかの蓄えと現実的見通しを立てておきたいところですね。

そういう現実をわかっていなかった…、見通しは立てていたけど予想以上にお金がかかった…。そういう現実を前に苦労している転職希望者にとって、キャッシングというのは非常に使いたいサービスの一つになるのではないかと思います。

一度踏み出した「転職」という道。途中でお金がなくなったなんて理由で頓挫するのは悔しいですよね!自分の納得のいく結果を得るため、足りない活動費をキャッシングしたい!と思うのは人情でしょう。

ところで、転職期間に入っている人はキャッシングって使えるんでしょうか?ついこの間まで勤め人だったし、蓄えだってまったくゼロじゃないし、何より就業意欲は満々なんだからいけるっしょ!と思いたくなるのですが、現実は意外と厳しかったり…。

すでに前職を退職しており、完全フリーの状態で転職活動をしている人の場合、キャッシングの利用は格段に難しくなってしまいます。

なぜなら、本人的には「転職期間」というつもりでの状態であったとしても、傍から見たらアナタはただの「無職者」に過ぎないからです。無職者はキャッシングできないのが常識。聞いたことくらいはあるんじゃないでしょうか?

そう、いくら転職という事情があるとはいえ、現在無職という立場であるということはしっかり自覚しておく必要があるのです。形の上だけでもそういう状態であるとき、キャッシングは使えないことが多いということは覚えておきましょう。

転職するのはよいとしても、現実は甘くはないのですね。退職して次が見つかるまでの間、一時的にキャッシングは使えなくなっているということを頭の片隅には置いておきましょう。

ちなみに、少しでもアルバイトをしていればキャッシングできる可能性はあります。いったん前職を辞めてから転職活動をする人は、辞めた後すぐにアルバイトを始めておけば、いざというときにキャッシングできる可能性を残すことができます。こちらもあわせて覚えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加