> お金を借りる > 収入200万円以下でも可能!?キャッシングの意外な実情!

収入200万円以下でも可能!?キャッシングの意外な実情!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.14

お金を借りるためには、自分がある程度以上のお金を稼いでいることが前提です。貸金業者がお金を貸すのは、お金を貸すことによって返済時に利子収入が得られるから。

収入が低い人にたくさんのお金を貸しても返しきれなくて貸し損となってしまう可能性が高いですから、そういう人にはお金を貸さないのが基本。

となると、年収が低いとお金を借りられないのではないかという不安がよぎりますよね。収入200万以下といった低年収状態だと、お金というのはまず借りられないものでしょうか?

キャッシングが簡単に使えると言われるワケ

これが住宅ローンや自動車ローンとなると、収入200万円以下だとちょっと油断できないなという感じですが、ただのキャッシングだったとしたら案外問題なく利用できてしまう可能性は低くありません。

キャッシングとはどういうものか、聞いたことはあるでしょうか?「キャッシング」と書かれても何のことかわからないかもしれませんが、貸し金サービスの一つであり、ローンの一種類だと思っておいてください。

他にもたくさんあるローンと「キャッシング」がどう違うのかといえば、キャッシングは比較的簡単に使えるサービスだとよく言われているのです。一度審査を受けるだけで継続的にお金を借りられるようになるカードローンなど、まさにその代表例でしょう。

また、借入前にどうしても避けられない「審査」についてもキャッシングは比較的簡単だと言われています。簡単に使えるというのは必ずしも手続き面の話だけではないのですね。

「キャッシング」利用のために年収はいくら必要?

では審査が簡単だというキャッシングなら、どれくらいの年収で使えるのでしょうか?年収200万円以下だったとしても、100万円以上の年収があればキャッシングの利用はそこまで難しくないでしょう。

それどころか、年収100万円前後だったとしてもキャッシングを利用することは十分に可能だと言えるのです。

キャッシングがいかに気軽に使えるサービスなのか、よくわかりますね(笑)。他のローンであれば、年収100万円前後で使えるというケースはあまりないでしょう。

もうほとんど「とりあえず何か定期収入があれば可能性がある」と言ってよいほどかもしれません。年収は低いけどお金が借りたい、という人の強い味方になりえるのが「キャッシング」なのですね。

キャッシングのカラクリとは

しかし他のローンでは敬遠されかねない低年収でもお金を借りられるのはどういう理由によるのでしょうか?キャッシングの中にはパート・アルバイトでも使えるというキャッシングも珍しくありません。

場合によると年収100万円を切るかもしれない状況でも使えるかもしれないキャッシングはどのようにしてサービスを提供しているのでしょうか?

簡単に言えば、年収が低い人にはそのレベルに応じてお金を貸しているというのがキャッシングのカラクリになります。

年収が100万円以下の人でもキャッシングは使えるけど、借りられる額はその年収に応じた額に調整されるとイメージしてみてください。たとえ年収が50万円程度だったとしても、借入額が1万や2万程度なら、そこまで無謀な利用にはなりえませんよね?

キャッシングとはこのような柔軟な調整をすることによって、多くの人に少しでもお金を貸しているのです。これがキャッシングの便利なところなのですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加