> お金を借りる > 担保が求められるもの以外にも!簡単に借金できる人気の方法!

担保が求められるもの以外にも!簡単に借金できる人気の方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.15

借金という言葉を聞くと、すぐに「担保」というものが連想される人もおられると思います。自分がお金を貸すとしたら絶対に担保を取るという人も多いかもしれません(笑)。

将来のことは誰にもわかりませんから、貸したお金がそのまま損失にならないよう、保険を用意しておきたいというのはごくごく自然な感情ですよね。それは専門の貸金業者達ですらそうなのです。

担保が求められる借金

金融機関や貸金業者で借金をするとき、担保が求められることはよくあります。

1万や2万程度借りたいというレベルでいちいち担保を求められることは少ないかもしれませんが、何百万も何千万も借りたいという話になると、もしお金が返ってこなかったときの損失に備え、それ相応の価値があるものを担保として求められることになるでしょう。

担保を求められた側としては自分が信用されていないようでおもしろくないかもしれませんが、担保を設定しておいた方がお互いのためという部分もあります。

返済期間が長くなる借金は、その間に何が起こるかわかりません。思いもかけなかった社会状況の変化や天変地異があるかもしれませんし、ケガや病気によって返済がきつくなるという個人的変化も考えられます。

そういう想定外の事態になってもある程度は債務に応じられるよう、あらかじめ担保を用意しておくとよいのです。自分のためにもなるのですね。

担保が無いと借金はできない?

では借金というのは担保がないと利用できないものなのでしょうか?何百万、何千万という額を借りることになる高額な借金になると、残念ながら担保なしでは厳しい部分もあるかもしれません。

しかし、借金というのは何もそこまで高額なものばかりではありませんよね。それこそ1万とか2万とかだけ借りたいというケースだって非常によくあります。

庶民的な暮らしをしている人にとって、何百万も借りたいと思うことなどそうそうないかもしれませんね(笑)。

そういう少額の借金に目を向けてみると、担保というのはそこまで必須のものではなくなってきます。

少額であってもそれが借金であることは同じですが、借りている額が少額であるだけに、何らかの事情でお金が返せなくなるという事態が比較的起こりにくいという事情があるからです。

万が一そういう事態が起きたときも、何百万も借りているときに比べれば、個人の努力や周囲の人間の協力で返済できてしまうことも多いため、どうしても担保が必要とまでは言えないのです。

担保なしで使えるのはカードローン

では、そういう気軽に使える借金というのはどういうものでしょうか?答えはカードローン!これの条件をよく確認してみてください。

カードローンの貸付条件を見てみると、「無担保・無保証で使える」と書かれていることが多いと思います。

カードローンは一般的に担保や保証人が不要とされるサービスです。そういうものを用意せずに使えるため、気軽にすぐ借りることができるのですね。

担保や保証人を用意できない若い人や、単発かつ少額の借金のためにそこまでするのは面倒と思う人など、カードローンの利用が向いています。担保とか面倒なものは飛ばしてすぐ借りたい!そう思う人はとりあえずカードローンの利用を考えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加