> お金を借りる > できればまとめたい多重債務、やり方と注意点をご紹介!

できればまとめたい多重債務、やり方と注意点をご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.21

お金を借りるというのはいざというときに便利なものですが、注意もありますよね。そう、「借りすぎ」です。いくら便利なキャッシングサービスといっても、借りすぎてしまうと返済不能に陥り、下手をすると自己破産ということにもなりかねません。

その最悪の事態一歩手前というのが「多重債務」です。いくつもの借金ができ、しかも一つ一つの借金も大きく、非常に返済が苦しい状態。

ひどいケースになると今日の返済分を別の借金でまかなうということを繰り返し、更なる深みにハマっていくものもあります。

できればこのような事態は避けたいですね。多重債務に陥ってしまったと思うときは、それらの借金を一本にまとめることを考えてみてはどうでしょうか?まだ可能性があるのならできればまとめた方が利点もあります。

多重債務に陥ったとき、借金をまとめるにはどうすればよいのでしょうか?

まとめローンを使えば可能性アリ

いくつもできてしまった借金を一本にまとめたいのなら、それ専用のまとめローンを使うのがオススメです。

今ある借金を一括返済できるお金をまとめて借り、そのお金を返済に充てることで借入先を一つの金融機関に統一できるローンです。銀行などの金融機関に用意してあることが多いですので、そういう場所を探して申し込みをしてみましょう。

こういったローンを使わずに多重債務を一度に一本化するというのはなかなかに難しいところがあるかもしれません。一つ一つの借金額が大きければなおさら難しいため、こういう専門ローンを使った方が話が早いでしょう。

すでに多重債務に陥った後でさらにローンを組めるとは思えない…という人もおられるかとは思いますが、まとめローンならすでにいくつかの借金があることを前提に提供されているローンであるため、可能性はあります。

借金返済のための無謀な借金をまた別に重ねるくらいなら、まとめローンを使えないか相談だけでもしてみましょう。

まとめるとこんな利点も!

ところで、借金を一本にまとめるとどんないいことがあるのでしょうか?一つにはごちゃごちゃといくつもの借金があるよりかは一本の大きな借金がある方が返済は楽だという点があります。

金融機関によっても方針は違いますから、いくつもの金融機関にまたがって借金があると、それぞれ異なる方針に合わせて返済も行っていかなければならないため、単純にややこしいのです。

それぞれの金融機関によって微妙に異なる要望に応えながら返済をしていては負担も増えてしまいますね。それよりかは一つの金融機関に返済をやっていった方が安心です。

また、借金が一本になった方が多少は見栄えもいいという利点もあります。借金がいくつもあると、多重債務というニュアンスが生まれます。

総額では同じ額を借りていたとしても、借入件数が多い方が信用を得にくくなるという特徴がありますので、どうせなら一本化しておいた方がまだ格好もつくのです。

こういう点から、いくつも借金があって困っているのなら一本化することがオススメできるのです。

状況が悪化すれば厳しくなる!早めに相談を

ただし、借金一本化専用のまとめローンも絶対に応じてくれるわけではありません。額が大きくなればなるほど、お金を貸したときに回収できなかったときのリスクは大きくなります。

それなりの収入がある人ならばとにかく、収入のわりには借入額が大きすぎるといった危険な多重債務者に喜んでお金を貸してくれる金融機関は少なくなっていくのが実情。

「いざとなればまとめればいいさ」と気楽に考えていて、いざというときには利用を断られてしまうという悲劇も起こりかねません。アテが外れて大慌てしなくてもいいように、状況立て直しのための借金一本化は早めに相談するようにしてください。

相談に行くのが早く、まだそこまで深刻な多重債務に陥っていなければ、まとめローンを利用できる可能性は十分にあります。まだ大丈夫と利用を先延ばしにせず、早め早めに動いていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加