> お金を借りる > 不安ならチェック!消費者金融にお金を借りて忘れるとこうなる!

不安ならチェック!消費者金融にお金を借りて忘れるとこうなる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.08

消費者金融を使えばすぐにでもお金が借りられること、すでに多くの方がご存じだと思います。使ったことはなくても街中いたるところに店舗や無人機械がある現状を見れば、困ったときはすぐに借りれそうだと思えますよね。

ただ、消費者金融の利用に一種の不安を持っている人もおられると思います。物事を忘れっぽい人の場合、返済を忘れて大変なことにならないかと不安で、消費者金融の利用にも今一つ積極的になれないのではないでしょうか?

もし消費者金融にお金を借りて忘れることがあったとしたらどうなるのか。そのことをお教えしましょう。意外と安心する実情があるかもしれませんよ?

返済するのを忘れていたら大変な目に遭う?

消費者金融でお金を借りて返済をしないなんてありえないだろうという人もおられるかと思うのですが、消費者金融で借りたまま滞納状態になっている人は案外いるものです。消費者金融側も滞納されている返済分の回収に苦労されているのです。

消費者金融サイドの事情はとりあえず脇に置いておき、利用者サイドから見て返済を忘れているとどうなるのでしょう?

「大変な目に遭うに違いない…!」とここで言われる人が多いのですね(笑) 確かに消費者金融にはそういうイメージがあるのは事実です。

とんでもなくひどい目に遭わされ、身ぐるみを剥がされるような形で取り立てをされるんだというイメージを持っている人は多いと思います。

悪意なく返済を忘れていたとしてもそうなるなら、最初から消費者金融を使わないのがベターということになってしまいますが、実態は案外違っていたりします。

消費者金融の取り立ては常識的

消費者金融への返済が遅れた場合、当然消費者金融側は取り立てを始めるわけですが、それは世間一般的なイメージと違ってとても常識的です。間違っても最初から荒っぽい手段を取られるわけではありません。

最初のうちは消費者金融の人と話すことすらなかったりもします。滞納も初期段階であれば督促状の送付程度であり、それで滞納に気づいて返済をすればそれで話は終わりになることもあります。

もちろん消費者金融によって滞納時の対応はまちまちですから絶対大丈夫とまではいいませんが、滞納の事実を知らせる郵便物の送付や電話連絡程度の対応しかしない場所が大半だと思います。

消費者金融側も滞納をしたらすぐに鬼の形相で返済を迫ってくるのではありません。悪意なく返済を忘れる人もいますので、最初の対応はとても常識的です。

悪意なく、単に忘れっぽいだけの人はこれで安心ですね。返済を忘れていたら常識的手段でそのことを教えてくれますから、言われたら素直に返済に応じればよいだけです。

自社の儲けのためにあえて返済を催促せず、借金が膨らみきってから突然返済を催促するといった悪質なことをする場所も基本的にはありません。

できれば取り立て対応をされてから返済するのではなく、忘れずにちゃんと返済したいところですが、忘れていたとしてもいきなりひどい目に遭わされることはないのですね。というわけで、忘れっぽい人でもとりあえず利用はできますよ。

悪質な取立てをする消費者金融とは?

もし消費者金融の中で短期滞納時からひどい対応をする場所があるとすれば、それはどちらかというと闇金的要素のある場所だと言えます。

普通の消費者金融も滞納が長期になれば差し押さえといった厳しい対応も視野に入れてきますが、短期の滞納からいきなり裁判に訴えて差し押さえを狙ってきたりはしません。最初は利用者が自発的に返済をするように促すのが普通です。

それにも関わらず、滞納初期から一貫して鬼の形相で矢の催促。早朝や深夜に自宅まで押しかけてきて返済を迫るようなことをしてきたとしたら、それはもう闇金といってよいかもしれません。消費者金融の常識でいっても考えられない行為です。

もしそういう消費者金融があったとしたら、忘れっぽい人は絶対に使わないことです。もちろん忘れっぽくない人でも利用は勧められません。そういう悪質な業者は使わず、普通の消費者金融で借りるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加