> お金を借りる > CMイメージとは違う!?消費者金融利用時の実態!

CMイメージとは違う!?消費者金融利用時の実態!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.08

消費者金融の名前を知らない人は少数派だと思いますが、使ったことがあるという人も案外少数派かもしれません。お金に困っている人は多いですが、銀行を使う人も多いですからね。消費者金融を知っていても使わないという人も少なくないのです。

実際、消費者金融を使ってみたらどんな感じなのでしょう?CMはよく流れていますか、何となくイメージはつかめると思うのです。実際に利用してみるとCMのイメージ通りのような感じで利用できるものなのでしょうか?

消費者金融CMのイメージ

まずは消費者金融を使ったことがない人がよく思い描く消費者金融のイメージを確認してみましょう。CMなどで受けるイメージがありますよね。

消費者金融のCMといえば、爽やかなテーマソングにこざっぱりとした俳優・女優さんが軽やかにお金を借りているようなイメージが多いですよね。これを見ると、その消費者金融の看板がかかっている場所にいけばすぐにでもお金が借りれそうな印象があります。

自分がお金に困ったとき、自分も爽やかなテーマソングに合わせてスキップでもしながら消費者金融に駆け込めば、あっという間にお金が借りられる。何となくですがそんなイメージを持ってしまうCMイメージですね。

CMは消費行動を促すために流されるものですから、そこで与える印象は重要。爽やかかつ簡単というイメージを与える消費者金融のCMからいくと、消費者金融自体そのように利用できるものなのでしょうか?

CMとは少し違う、消費者金融利用の実態

本当にCM通りに利用できるのかどうか、「そんなわけあるまい」と冷静に思っていた人も多いですよね(笑) 別に消費者金融に限った話ではありません。

CMというもの自体が一種のイメージ。ただの広告です。広告は広告のプロ達が作った映像。効果的に相手に与える印象を演出するのはお手の物です。

CMのイメージと実際に利用したときの感じにズレがあるのはもはや常識ですね。CMはCM。実際は実際です。

では実際に消費者金融を利用してみたらどんな感じで使えるのでしょうか?消費者金融も大手のものになればネットなどから簡単に申し込みができ、申し込んだその日中にお金が借りれることがあります。この辺りの利便性はCMのイメージそのままかもしれませんね。

CMのイメージと違うのは、やはり「審査」というものがある点。CMでは審査がどうのこうのという部分は省かれることが多いですが、実際には審査があり、審査を通過した人にだけお金が融資されます。審査に落ちたら当然お金は借りれませんのでご注意を。

結局、困ったときに使えるのか?

消費者金融のCMはたいてい「困ったときは○○へ!」というメッセージを発していますが、どこの消費者金融でも審査があるのは同様です。

審査に受かった人にはお金が融資されても落ちた人には融資されません。このような実態を思うと、困ったときに使えるのかどうか微妙だと感じる人もおられると思います。

CMのように誰でもサクッと使えたらいいのに…と思うところですが、消費者金融もやはり借金をするところですから、来る者拒まずというわけにはいかないのです。

ですが、困ったときには頼りたい場所ではありますよ。審査はあるとはいえ、別に消費者金融は銀行ほどゴリゴリに難しい審査をやっているわけではありません。

誰でも通過できるわけではありませんが、よほどの高いステータスがないと通過できないものでもありません。働いている社会人にとってはたいてい使えるものですから、困ったときは頼りになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加