> お金を借りる > 年収を増やして申告すればなお安心!消費者金融の上手い使い方!

年収を増やして申告すればなお安心!消費者金融の上手い使い方!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.12

消費者金融でお金を借りたいけど審査に落ちてしまったということもあると思います。正直に言うと、消費者金融での審査落ちというのは銀行のものより「痛い」ものであることが多いのです。

なぜなら、消費者金融の審査は銀行のものより簡単なことが多く、キャッシング審査の相場で言えばそんなに難しくないからです。その審査で落ちてしまったとなると、キャッシングの利用自体が黄色信号という向きがあります。

そういう状況でも消費者金融を使いたいという状況が続くなら、どうしたらよいでしょうか?

消費者金融の審査に落ちたから、キャッシングが使えそうにないからということでお金が必要な事情がなくなればよいですが、どうしてもやむを得ない差し迫った事情でお金を必要としているのなら、借りないわけにもいきませんよね。

消費者金融で何としても借りるべく上手い使い方というのはないものでしょうか。

審査に何度も落ちたという状況で、そのまま消費者金融の審査を受け続けるのはあまり上手い方法とは言えません。審査に落ちてしまったときは一度体勢を立て直してから審査を受けた方が可能性があります。

消費者金融より審査が簡単なキャッシングサービスというのは、正直言うとあまりありません。後がないのですから、何とかして消費者金融を上手く使いたいところです。

消費者金融の審査に落ちてしまうというときは、年収を増やした上で申告すれば安心です。このことを考えてみてください。

キャッシング審査において一番重要な条件とは何かというと、身も蓋もないですが「年収」という答えになります。

キャッシング審査というのはお金が返ってくるかどうかを調べているのです。年収が高ければそれだけ将来的に返ってくる余地もあるだろうと判断されるのです。

審査に落ちるというのは「この人は将来お金を返せないかもしれない」と判断されたわけで、つまりは「年収不足」だと判断されたことになります。

極端なことを言えば、年収が高ければ借りられる可能性は高くなりますし、借りられる額も大きくなります。

年収を上げればこれまで利用できなかった銀行などでも借りられる可能性が出てきます。ハードルが銀行より低い消費者金融ならなおさら安心といったところ。キャッシング審査に落ちてしまうのであれば、一度年収を上げることを考えてみましょう。

といっても急に年収を上げるのは難しいかもしれませんが、短時間だけできるアルバイトなど、そういったものを利用してみてください。

それで少しでも収入が増えれば借りなければならない額も少しは減りますし、その上年収は上がるわけですから、消費者金融でキャッシングできる可能性はグンと高まります。

消費者金融の審査に落ちてしまったときには、年収を増やして申告するということを考えてみてください。条件が悪いとなかなか通過できないキャッシング審査も、一度条件がよくなりさえすれば、驚くほど簡単に通過できるものです。諦めずにチャレンジしてみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加