> お金を借りる > 職業書かないでカードローンは可能?知っておくべき実情!

職業書かないでカードローンは可能?知っておくべき実情!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.24

カードローンを利用するときにはとにかく必要とされるのが仕事です。カードローンの申請をやったことがある人ならわかりますよね?

やったことがない人もネットなどの申請画面を試しに開いてみるとよいかもしれません。見るだけなら簡単ですからね。

申請フォームには当然のように職業記入欄がドンと設置してあります。こういう申請フォームにはえてして「記入必須」という欄がありますよね。

ほぼ100%と言ってもよいくらい、キャッシングの申請フォームにおいては職業欄が「記入必須」となっていることでしょう。

何げなく記入している人が大半だと思いますが、職業欄について少し思い悩むことがある人にとっては「記入必須」である職業欄について少し悩ましく思っているかもしれません。キャッシング審査における職業欄はどういうものなのか、少し確認していきましょう。

絶対必要な職業欄!なんで…?

キャッシングの申請においてほぼ絶対必要になる職業欄の記入。なぜなんでしょうか?理由は、キャッシングは収入がない人は利用に適さないとされるサービスだからです。

キャッシングというのはお金を借りられるサービスのことですよね。簡単に現金を手にできる方法ですが、借りたお金はこれから先必ず返していかなければなりません。

お金を貸す方としても絶対に返してもらわないといけませんから、本当に相手がお金を返せる人なのかどうかをチェックしているというわけなのです。

そのチェックとして必要なのが「職業」というわけ。お金はどうやって手に入れるものですか?それは仕事に就き、働くことで手に入れるものですよね。

職業がない人はすなわち働いていない人、お金を稼げていない人ということで、お金を貸すと将来的に返せなくなる可能性が高いと判断され、審査に落とされてしまいます。

今職業に就いていないため、職業欄の記入を悩ましく思っている人には少し厳しい現実になるかもしれませんが…。

つまりはこういうことを調べるために職業の記入は必須となっているわけです。職業欄を書かない、空欄のままだと申請すらできないというのが実情なのです。

適当に書いたとしたら?

職業を書かないのがNGであるのなら、適当に書いて出すというのはどうでしょうか?申請をするためには職業欄を書かないことには何も始まりません。

それだったら適当でもいいので何か書いて出してしまうということが考えられますよね…?あまりいいことではありませんが、適当に「アルバイト」などという身分を書いて提出するというのはどうでしょうか?

いえ、それはやめておいた方がよいでしょう。キャッシングサービスはお金を貸し付けるだけに、きちんと申請情報の真偽を調べています。

ネット審査なら金融機関の人間と直接顔を合わせるわけではありませんから嘘もつきやすいところがあるかもしれません。

ですが、こういうネット審査を利用しても、情報を送信した後で確認の電話があることもあります。下手な情報を書いてしまうと後で自分が困ることになるかもしれません…。

申請情報の嘘はご法度

職業欄を記入するとき、必ず職場の連絡先についても記入させられると思います。それは何のためかと言うと、申請された情報に嘘がないかどうか、実際に連絡して確認するためです。

本当に在籍している職場であれば問題はありませんよね?これが嘘の職場を書いていたとすると、電話を一本かけられるだけで嘘がばれてしまいます。

嘘がばれたとしたら?審査は一発アウトですね。虚偽の申告をする相手にキャッシングを提供するような奇特な金融機関はまずありません。職場の在籍も連絡先も、必ず正しいものを申告するようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加