> お金を借りる > 一歩間違えると大ピンチ!?借金返済中に気をつけたいポイント

一歩間違えると大ピンチ!?借金返済中に気をつけたいポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.19

今まさに借金返済中だという人もおられますよね。家や車のローンを組むと分割払いで返すケースが多いですから、体感的には借金をしていることを忘れていられると思うのです。

しかし、自分が今借金を返済している最中だということは頭の片隅にはおいておきましょう。一歩間違えると大ピンチに陥るかもしれませんよ。

滞納だけはご法度!

何か今返済途中であるローンがある場合、額の大小、ローンの種類に関わらず、滞納だけは避けるようにしましょう。契約違反であること、マナー違反であることはもちろんそうなのですが、もっと現実的問題からして滞納は避けるべきです。

まずは、滞納をすると罰則金として利子が増えるということ。高額ローンを組み、長期間かけて返済途中である場合、途中で利子が増えると返済計画が崩れる危険があります。うかつな対応でせっかくの返済計画がオジャンにならないように気をつけましょう。

そして滞納を避けるべきもう一つの理由は、信用を根底から失いかねないからです。ローンというのは相手への信用があって初めて提供されているものです。

その信用がなくなったとしたら?もうあなたにお金は貸せないとして、ローンの一括返済を求められるケースがあります。

いろいろとリスクが大きいですから、とにかく借金返済中は滞納だけはしないように注意してください。

新しい借金は慎重に!

現在返済中の借金があるのなら、新しいローンの利用には少し慎重になった方がよいかもしれません。

借金返済中にもまた別のローンを組みたくなることはあると思うのですが、借金返済中にさらに別のローンを組むと、それによって最初に作ったローンの返済が苦しくなる可能性は十分にあります。

ローンを組むということは完済するにあたり利子をつけなくてはならないということ。当たり前の話ですが、元金以上のお金が必要になることは絶対に忘れてはなりません。

下手に新しいローンを組むとそれによって返済ができなくなったりしないか。この点は十分に検討の上で新しい借金について判断してください。

また、新しい借金を組む時、すでに作っているローンがあると審査通過が難しくなります。そもそも新規ローンを組める状態にあるのかもちょっと考えてみてください。

返済さえ順調に進んでいるなら問題ナシ!?

借金返済中に気をつけたいポイントというのは以上の二点です。両者には共通していることがあるのに気付きましたか。そう、どちらも「借金返済が滞らないように」という注意です。

借金をするときは多少の慎重さが必要とはいえ、基本的には借金自体に問題はありません。分割払いをうまく使えば、貯金するのに10年以上かかるお金をすぐに借りることだってできます。うまく使うことさえできるなら実に便利なサービスです。

必要なのは「うまく使うこと」なのですね。借金をうまく使うとは「滞納せずにちゃんと返しきること」です。そこさえできるならいくら借りたって問題はないですし、借金返済中だからといって特別気にすることもありません。傍目には借金していることなんてわかりませんしね。

必要なら借金も上手に取り入れてやってみてください。ただし、くどいようですが返済が途中でできなくならないように注意はしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加