> お金を借りる > 損はお金の話だけじゃない!借金返さないと陥る大損な状況とは

損はお金の話だけじゃない!借金返さないと陥る大損な状況とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.20

借金をしたとき、これを返さないとどうなるのか、ちょっと気になりませんか?大変なことになるだろうなぁ…というのは多くの人が思っているでしょうが、具体的に何がどう大変なことになるのでしょうか?よーく考えてみると、予想外に大損な状況もありますよ。

借金返さないのは不可能!

まずは基本的な話から始めましょう。借金返さないとどうなるのでしょうか?答えは「強制的に徴収される」になります。借金踏み倒しが不可能と言われる理由はこれです。

借金滞納も短期間であれば比較的穏やかな対応しかされないものの、滞納が長引くにつれ対応は厳しくなっていきます。場合によっては自宅訪問もされますから、返済に向けての圧力は強まるばかりです。

それに耐えきれる人は限られると思いますが、耐えきったところで別に誇れることでもありません。借金取り立てに耐えきれば返済を免除されるということもないのです。

金融機関側の取り立てで借金を回収できなければ、後は裁判に持ち込まれるだけですからね。ここで債権者である金融機関側の主張が認められれば、差し押さえという強制徴収が実行されます。

どんなにごねたところで差し押さえまでは拒めません。借金を返さなくても最後は強制的に幕切れとなるのです。

普通に返した方が明らかにお得!

借金を滞納したとき、まず目に付く損というのは金銭的なものでしょう。滞納をするとそれだけ利子が膨れ上がってしまいます。完済までに必要なお金が増えてしまうというのは明らかな損です。

滞納による罰則金利は法律で定められた上限金利ギリギリになっている例も多く、借金が増える速度が加速度的に増していきます。

滞納期間に入るとまさに雪だるま式です。滞納期間は少しでも短縮しないと、破産せずに返せたはずの人ですらも破産に追い込まれる危険があります。

返済を先延ばしにしたところで、どうせ最後は自分で払わないといけないということは先の話でもわかったでしょう。何となく対応をズルズルと先延ばしにしても将来的な苦労がどんどん増していくだけです。

当たり前の話ですが、借りた以上は自分で返す必要があります。どうせ返さないといけないお金です。話がややこしくなる前にさっさと普通に返すのが賢い対応というものですよ。

借金滞納は信用問題に関わる!?

借金を返さないのが金銭的に損であるのはもうわかったと思いますが、滞納が招く損な状況はそれだけではありません。まだもう一つ、見逃せない大きすぎるデメリットがあります。

借金滞納は信用問題に関わるのです。借りた以上は返すのが常識。これは誰でも知っていることですよね。借金を滞納しているということは、その常識が守れていないということです。これは自分の常識を疑われることにつながりかねません。

一人の人間として常識を疑われるということは、優れた相手と良好な人間関係を築くことが難しくなりますし、まともな社会人として優良企業に就職することも難しくなってしまいます。

周囲に著しい迷惑をかける非常識な行為は、社会の中で自分を孤立させることに他なりません。借金滞納すると金銭的に損なのは当たり前として、その上で社会から孤立してしまうという踏んだり蹴ったりのリスクがあるのです。

借金するのはよいとしても、滞納は常識を疑われる行為として絶対NGと心得るべきです。借金自体は何も悪い事はありません。借金を利用してちゃんと返済できれば、むしろ自分の信用の証拠にもなります。くれぐれも借金はきちんと利用するようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加