> お金を借りる > 借金滞納はブラック一直線!超えてはならない一線はどこに?

借金滞納はブラック一直線!超えてはならない一線はどこに?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.30

キャッシングを利用するとき、サービスの規定で許された範囲内であればどのような使い方をしても構わないのですが、絶対に気をつけたいのは「ブラック」。

ブラックと呼ばれるような状態になってしまうとキャッシングの利用が非常に厳しくなってしまいます。注意している人も多いですよね?

ところでブラックブラックとよく言われますが、なにをしたらブラックになってしまうのでしょうか?

滞納するとブラックへ!

ブラックというのは貸金業者達がお金を貸さない一部の人達のこと。一か所の業者だけに嫌われるだけではなく、一度ブラックと呼ばれる状態になるとすべての金融機関、貸金業者から門前払いを受けるようになってしまいます。ものすごい嫌われようですよね…(笑)。

お金を貸すことで利益を上げている専門の相手からそこまで嫌われることって何なんでしょうか?それはつまり、キャッシングを利用する上で絶対にやってはならないこと。お金を貸した人を心底怒らせるようなことをやったらそうなるのです。

それは何か、答えは滞納です。返すと約束した上で借りたお金を期日までに返さないというのは重大な契約違反。契約うんぬんの話を抜いても、約束を破った人間が嫌われるのは仕方のない話ですよね。

ましてこれはゲームソフトや音楽CDの貸し借りではないのです。貸し借りしたのは「お金」ですよね。生きていくために必要とされるものであり、貴重品に数えられるものの一つです。そんな重要物を借りておいて期日までに返さないというのは、非情に印象が悪いのは間違いありません。

そんなことをしていては「ブラック」の烙印を押されるのもやむなしといったところでしょう。

滞納は絶対に短期で食い止めるべき!

しかし、サービスを利用しているとうっかり返済日を忘れるということだってありえます。人間なのですからね。悪意なく返済期限を忘れていたということだって起こりえます。もちろんそれは言い訳にはならず、信用を失うには十分なのですが…。

では短期の滞納であっても、極端なことを言えば返済期限の日から一分でも過ぎてしまったらもうブラックで、以降はどこの金融機関でもキャッシングを使えないのでしょうか。

滞納はできる限り避けるべきことですが、さすがにそこまで厳格な対応が取られているわけではありません。よくないことですが、短期の滞納であればそこまで悪影響は残らないと言われています。できれば短期でも滞納しないのがベストだとは知っておいてくださいね?

具体的にどれくらい滞納したら危険なのでしょう?金融機関の方針にもよりますし、やはり一日でも滞納しないのがいいと言えることですが、一か月以上滞納を続けると雲行きが怪しくなっていきます。

三か月以上に渡って滞納をするともはや自分にブラックの烙印が押されていることを覚悟しておいた方がよいでしょう。

短期滞納でも繰り返すとアウトに!

滞納はしないことがベストですが、もしやってしまったら短期で食い止めた方がよいことがわかりましたね。短期の滞納で食い止めれば何とか以降も普通にキャッシングできることが多いのです。

ただし、それにも限度があります。短期とは言え、あまりにも多い頻度で滞納を繰り返しているとやはりブラックの烙印を押される危険が高まります。

短期であれば大丈夫…などと油断したりせず、短期であっても滞納はご法度ということを肝に銘じておいてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加