> お金を借りる > 借入の利用は慎重に!どんな小さなサラ金でも関係する利用記録

借入の利用は慎重に!どんな小さなサラ金でも関係する利用記録

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.20

銀行でお金を借りようと思うと「下手なことはできないぞ!」と気が引きしまる人が多いと思いますが、これがサラ金だったとしたらどうでしょうか?民間業者だし、ちょっとくらいは多めに見てくれるかも…なんてこと、思っちゃったりしてません?

とくに小さなサラ金を利用しているときなどますます油断しそうになりますが、どんなサラ金でも利用はきちんとやりましょうね。利用記録が残る点に要注意です!

まともなサラ金なら絶対残る利用記録

借金をしていることは自分が黙ってさえいれば周囲にはばれないものと思っている人も多いかもしれませんが、それは必ずしも正しくありません。周囲の人間関係においてはそうだったとしても、公的に借金の履歴を調べることは可能だからです。

信用情報機関というものをご存じでしょうか?借金の利用記録はここに全部残っているものと思っていてください。サラ金で借りた記録だけではなく、クレジットカードの利用記録も含まれます。

信用がないと使えないこれらのサービスの利用記録を見てみれば、相手が信用にたる人物かどうかは一発でわかります。

借金がちゃんと利用できているなら信用できる人でしょうし、そうでないならお金を貸すのは危険な相手ということになります。借入審査ではこういうことを調べているのですね。

そしてそういう記録を参照するためには、新しい利用分があれば新しく記録していかなければなりません。

どんなに小さなサラ金を利用しても、まともに営業している業者であれば、必ずといってよいほど利用記録は残ることになりますから、どんな小さなサラ金であったとしてもいい加減な利用はNGです。

記録が残るところではきちんとするべき理由

記録が残るからちゃんとする、そうでないならいい加減でいいと言っているわけではないのですが、記録が残る場所では一層注意が必要だと思っておいた方がよいでしょう。

それはなぜか。鋭い人ならもうおわかりになったでしょう。サラ金などが審査時に信用情報を参照することを思えば、そこに載るであろう自分の行動履歴には注意しないといけませんよね。

先にも少し出た話です。審査時に信用情報を参照して問題なければ信用できると判断されます。つまりそれはどういうことでしょう?信用情報を参照した結果、問題履歴が見つかれば貸付を見送られる可能性が高いということです。

借金をするときにいい加減なことをやっていると、将来どこかでお金を借りようと思ったときに足を引っ張られる可能性がありますね。

借り入れは基本的にマナーよく使おう

記録が残る場所ではきちんとマナーよく使おうというのは、人によっては当たり前と感じられることだったかもしれません。借金滞納がトラブルにつながりやすいことを思えば、何も言われなくてもそうしているという人も多いと思います。

銀行でもサラ金でも、ちゃんとした貸金サービスを利用している限り、記録は残ります。どんな小さなサラ金でもそれは一緒だと思っていてください。どこで借りるにせよ、規定を守って正しく使うことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加