> お金を借りる > 借金は延滞しなかったら絶対にバレない?答えはいかに

借金は延滞しなかったら絶対にバレない?答えはいかに

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.10

借金がばれたくないという人とって、ネットからあらゆるサービスに申し込める現在の状況は歓迎すべきものでしょう。借り入れやローンと呼ばれるサービスにもネットから申し込むことは十分に可能です。そういう方法で借金をすれば、基本的にばれません。

この方法は周囲にばれずに借金をする方法として一般的ですが、それでもばれてしまったという人もおられるでしょう。ばれないように借金をするというのは難しいですね。ばれないためにはどういうことに気をつければよいのでしょう?

延滞するとばれやすくなる

ネットからの申し込みによって借金をするところまではばれずにできたという人も多いのではないかと思います。そこまでできればもうばれることもないんじゃないのかと思えるところですが、一体なぜばれるのでしょうか?

借金をするところまでは何とか乗り切ったとしても、その後の対応がまずくて周囲に借金がばれてしまったということがあります。借金が周囲にばれやすくなる原因。それは延滞です。

借金をするときに返済が遅れることは一番のNGですが、わかっていてもなかなかできないというのが実際の感想でしょう。長期間にわたって返済を続けていれば気も緩んできて、返済を忘れてしまうこともでてきます。

そうやって延滞していると、せっかく隠れて借金ができたとしても周囲にばれてしまうのですね。自宅には督促状が届きますし、電話連絡も頻繁にかかってきます。滞納が長期になれば取り立て人が自宅訪問することもあります。

延滞すると何かと周囲に波風が立つことが多く、周囲にそれがばれやすくなるのです。

借金は延滞しなかったら絶対にバレない?

では、借金がばれないためには延滞を避けることがすべてなのでしょうか?

実はそうとも限りません。ばれたくない借金があるときはまず延滞を避けるべきなのは事実です。それは基本として押さえなくてはならない点ですが、延滞さえしなければ絶対にばれないというのは言い過ぎですね。

最近のキャッシングはばれないように利用するのが簡単になってきていますが、しかし実際にキャッシングを利用しているのは事実です。自分がそのサービスを利用している痕跡を完全に消していない限り、どこかからばれるということはありえます。

万全を期すのであればキャッシングの痕跡を完全に消し去ればよいですが、スパイ映画の世界ではあるまいし、そんなことは普通できませんね(笑)

たとえば、キャッシングを利用していると、それを証明する「物的証拠」と言えるものがいくつかできてくると思います。

たとえばキャッシングサービスの契約書、サービスを利用するときに使うローンカードといったものですね。これらのものは延滞などとは関係なく送られてくることがほとんどです。

これを見られてしまったらキャッシングを利用していることもばれてしまうでしょう。

一番借金がばれにくい条件とは

借金していることがどうしても周囲に知られたくないとき、一番有利な条件とはどんなものかもお教えしておきましょう。

延滞さえしなければ波風が立たず、周囲に利用がばれにくいのは事実です。ネットなどを利用してこっそり借りるところまでいけば、あとは延滞を避けるだけで大部分はOKでしょう。

後はキャッシングを利用している以上避けられない物的証拠が問題ですが、これは一人暮らしをしていれば何の問題もないですね。

家に郵送されてきたときも、それを家で保管しておくときも、特に注意する必要がありません。せいぜい来客があったときに目につかない場所においておくことくらいです。

借金がばれたくないと思う人の中で、一人暮らしをしている人がいればチャンスです。後はネットから借りて延滞しないように気をつけてさえいれば、周囲にばれない可能性はかなり高いでしょう。

ばれないように借金をするのは案外難しいですが、それをしやすい条件が整っているならやってみるのもよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加