> お金を借りる > 借金者のリスト共有!?金融会社のよくあるデマを切る!

借金者のリスト共有!?金融会社のよくあるデマを切る!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.14

金融会社って借金者のリストを共有しているに違いない…!このような噂はよく聞かれますね。自分もそのリストに載ってしまっているのではないかと心配している人もいるのではないかと思います。

このことについてしっかり確認しておきたいことがあります。借金者のリスト、そしてそれを金融会社が共有していること。すべてデマです(笑)このデマを信じていた人は、しっかり事実を確認しましょう!

デマが生まれるのはこういう理由

そもそも、なんでそんなデマが流行ってしまったのでしょうか?理由の一つは「ブラックの扱い」です。ブラックと呼ばれる状態になると一気にお金が借りられなくなるのはみなさんもご存じですよね?

長期滞納などをやり、金融機関からブラックとのお墨付きを押されてしまうと、以降はお金を借りられなくなってしまいます。残念ですが当然の話です。

しかし、問題はここから。自分の対応に問題があった金融機関で以降のキャッシングが利用できなくなるのはわかるとしても、なんとそれ以外の金融機関、これまでただの一度も利用したことがない金融機関ですらもキャッシングが利用できなくなってしまいます。

これは不可解ですよね。なぜよその金融機関でまでブラック達ははじかれてしまうのか。そこで「問題ある借金者のリストがあって、それを密かに共有しているのでは?」という疑惑が生まれるわけです。

借金者のリスト、いわゆるブラックリストという都市伝説の誕生ですね。

真相はこうだ!

冒頭でも述べた通り、ブラックリストというのはただの噂であり、デマです。そんなものは存在しません。

では先に挙げた疑問、「なぜブラックはよその金融機関でも一斉に利用を断られるようになるか」についてお答えしておきましょう!

この真相ですが、金融機関がやっている審査に秘密があります。金融機関は信用情報機関という場所にその人の借金利用歴を照会します。信用情報機関にはこれまでの借金歴が全部記録されていますから、問題がある利用も一発です。

問題がある利用をしていたことのある利用者が敬遠されるのはわかりますね。どこの金融機関でやっていた問題行為であっても、そういう前科がある人は自分の場所でもやるかもしれませんから。

というわけで、ブラックが利用を一斉に断られるのは、信用情報機関で借金歴を照会した結果というわけですね。真相はこういうわけです。別に怪しいリストとかがあるとか、そういうわけでもないのですね。

信用情報機関の記録はほぼ共有されている

ブラックリストというものがあって、金融機関はみんな裏でこれを共有しているというわけではないということがわかりましたね。それなら安心…となった人はおられないでしょうね(笑)

結果的には一緒です。NG記録を照会できる場所があって、そこに記録が載ったら一斉に借りれなくなるというのは間違いないのですから。

信用情報機関の記録というのはたいていどこの金融機関でも照会していますから、ここにNG記録が載ったけど借りれたということはまずありません。

信用情報機関に照会さえされなければブラックということはばれませんが、ここへの照会をしないのはおそらく闇金だけです。

ブラックリストという噂に振り回されたりせず、自分のNG履歴が公式記録に残らないよう、ちゃんと利用するようにしましょう。滞納などはご法度ですよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加