> お金を借りる > お金のお願いが申し訳ないと思う人はこの金策を!

お金のお願いが申し訳ないと思う人はこの金策を!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.26

人は一人では生きられない。それはお金の面においてもそうです。自分の手持ちや収入の中ですべてをまかなえれば理想的ですが、そうできる人は少数派です。

いつもいつも他人に援助をもらわないといけないというのは少し問題ですが、たまに他人の援助を受けるのはなんら恥ずかしいことではありません。難しい世の中にもなっているのですから、少しの援助だけで自立できていることを誇りに思うべきだとすら言えます。

ただ、責任感が強い人になるとお金のお願いをするのが申し訳なくてしょうがないという人もおられます。そういう人の中には困ったときもなかなかそれが言い出せなくて本当に参っている人もおられると思います。

責任感が強い人にこそオススメできるよい金策の方法がありますのでぜひご確認を。

お金の貸付は「ビジネス」になっている!

お金を借りるのが申し訳ないと感じる人が持っているイメージとは、「お金を貸すことによって相手に負担がかかる」というものではないでしょうか。

自分がお金のお願いをすることによって相手に負担がかかっているとしたら、それは確かに申し訳ないと感じる状況だとは思います。

ただ、知っておきたいのは「お金の貸付を専門ビジネスにしている場所」のことです。銀行や消費者金融などといった場所で貸付を頼んでみたことはありますか?

彼らはそれが専門ビジネスであり、それで利益を得ているのですから、顧客である「お金を借りたい人」のことは大歓迎してくれるはずですよ。

お金を貸すことによって相手側に負担はありますが、専門ビジネスとしてやっているのですから問題はありません。

少々の額を借りた程度で相手を困らせることはありません。貸せないときは「貸せない」と申し込みや審査時に伝えてくれるはずですから心配はいらないのです。

なかなかお金のお願いがしづらいという人は、こういう専門機関のサービスを活用するようにしましょう。

借入の使い方

ビジネスとして提供されている貸付サービス、最近はキャッシングなどと呼ばれますが、これらはどうやって使うのかも少しご紹介します。

これは非常に簡単です。彼らはそれをビジネスにしているのですから、サービスの受付窓口が必ずあるはずです。

そこで利用を申し込みましょう。後のことはあちら側がやってくれます。不明なことや不安なことがあればその都度質問するようにしてください。

受付窓口については各金融機関の店舗や、キャッシングサービスなどならネットからも申し込みができます。面と向かってはやはり言いにくいというときはネットを活用してみてください。

それでも借金が申し訳ないと思うなら

金融機関のキャッシングサービスなどを使っている限り、相手にかけている負担をことさら気にする必要はありませんが、それでもお金を借りていることが申し訳ないと感じるのであれば、早めに返済することを考えればよいのです。

お金がないと言っても一時的になくなっているだけで収入は問題なく入ってきている人がほとんどだと思います。返そうと思えばいつでも返せるということも多いですよね。

借金をしているのが申し訳ないなら、繰り上げ返済などによって早めに借金を完済しましょう。返済期限まで借りていてもまったく問題はないですが、相手も早めに返してくれて困ることはないのです。すぐに借金を返しきれば、相手にかけてしまう負担も最小限に済ませられますよね。

こういう利用方法もあります。お金に困っているのなら利用を考えてみてもよいのではないでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加