> お金を借りる > 借金あっても彼女できる?知らないと損する意外な答え

借金あっても彼女できる?知らないと損する意外な答え

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.19

借金があってもまったく問題はないとはよく言いますが、人間関係上の問題になるとやはり不安だと思う人もいますよね。

たとえば借金あっても彼女できる?ということが気になる人も多いのではないでしょうか。借金があるとどういう影響があるのか、気になる人は確認してみてください。

借金あっても彼女はできる!

借金があると彼女ができるかどうか。これは男として非常に気になる問題ですね(笑)借金があると彼女を作るのも難しいのではないかというのが多くの人の感覚ではないでしょうか。これはある意味当たっています。

たとえばすでに何億もの借金を背負っているという状態で彼女を作るのは正直言って厳しい面はあるでしょう。無理とは言いません。ただ、他の男よりは不利なマイナスからのスタートになるとは思っておいた方がいいと思います。

ですが、そこまで極端な借金を背負っている人はそんなにいないでしょう。若い人ならせいぜい数万から数十万程度の借金であり、百万もいっていないケースが多いのではないかと思います。

その程度の借金であればそれほど悲観する必要もありません。人生を棒に振りかねないほどの無謀な借金でない限り、借金自体は悪い事ではありません。返済さえちゃんとできているのなら胸を張って構いませんよ!

借金があるかどうかというのが顔に書いてあるわけでもないのですし、後は本人次第というところです。本人が堂々としていれば彼女の一人や二人、楽勝だという人も多いと思いますよ。

借金にはいいところだってある!

借金は悪い事。どこかでこういう意識があるのではないでしょうか。だからこそ何か後ろめたい気持ちがある人も多いと思うのです。そういう人は借金のいいところに目を向けてください。借金にはいいところがいっぱいあるんですよ。

代表的な利点はレバレッジというやつで、借金によって本来なら手に入らなかったものを前倒しで手に入れられることです。

代表的な例といえば、ローンを組んで車を買うというヤツです。コツコツお金を貯めて買うのも素晴らしいことですが、借金でスパッと車を買っておくことで早い段階から女の子を連れてドライブに行けますよね(笑)

健全にコツコツやるだけが能ではありません。ときには借金することによって大胆にアクションを起こせる。これもまた男の見せ所ですよ!

必要なタイミングで彼女を喜ばせたり、みじめな思いをさせないということも大事なことです。無謀な借金をしていては意味がありませんが、借金の力を借りるのをことさら否定する必要もないのではないでしょうか。

借金なくても嫌われることもある!

借金があっても彼女を作れるどころか、使い方によっては彼女を喜ばせることもできるということも分かったと思います。借金がなけりゃいい、あっちゃダメという単純な話じゃないんですよ。

逆に、借金がなくても彼女ができない例を一つご紹介しておきましょう。女性にえてして嫌われるのは「ケチな男」。お金はそれなりに持っているけど常にケチケチしていて一緒にいると気が滅入る男は嫌われがちです。

好意的に見れば身の丈に合った生活をしていて無謀なことをせず、無駄なお金を使わない倹約家ということになります。しかし一緒にいると息がつまりそうなケチっぷりを発揮していては彼女を作るのは難しいと言わざるを得ません。

必要なとき、必要なお金をパッと出せない男はやはり冴えないもの。借金がなければいいというわけではないというのがおわかりいただけたでしょうか?

借金も一つのテクニックです。借金を上手に使いこなすことで逆にお金の使い方がうまいことを証明できます。これも一種のアピールになるのですね。

彼女が欲しいから借金しないではなく、必要があれば常に上手に借金を活用してください。それがいつか、意中のあの子へのアピールとして役立つ日が来るかもしれませんよ!?

このエントリーをはてなブックマークに追加