> お金を借りる > 借金する前にお金依存性かどうかを絶対確認するべき理由

借金する前にお金依存性かどうかを絶対確認するべき理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.19

借金をするにあたって、一つだけ、借金をする前に自分が借金に向かない特性を持っていないかどうかを確認することを勧めます。

大半の人は問題ないと思うのですが、借金に向かない特性を持っている場合はより慎重に借金を利用されることを勧めます。借金で人生を棒に振りたいなどと思っている人は少ないですよね。借金する前に少しでよいので確認してみてください。

借金するならこれだけには注意を!

借金に向かない特性、それはお金依存性というものです。常にお金がないと不安、お金を使っていないと落ち着かない、自分が持っているお金だけでは間に合わず常にキャッシングを繰り返してしまうというような特性を持っている場合、借金するときは特に注意が必要です。

借金自体はとても便利なサービスなのですが、何事もやりすぎはNG。百薬の長といわれるお酒だって飲みすぎれば急性アルコール中毒で命を落とすことがありますよね。

それと同じです。お金に困ったときに手を差し伸べてくれる借入は大変ありがたいサービスですが、許容範囲を超えて借り続けるのと破滅するのは当然です。

最近は特にキャッシングやカードローンのように利用者の自主性に任せられている借金も少なくありません。これなどは本人がしっかりコントロールして使うことを前提としたサービスですから、お金の扱いに自制が効かない人が利用してしまうと大変なことになりかねません。

お金依存症だと人に言われたり、自分でそうなのではないかと思い当たる節があるとき、借金は慎重に利用することを強く勧めます。

自制の効かない借入の利用は迷惑!?

お金依存症的な借金の使い方をするのは、実は金融機関側からも迷惑がられることがあります。

金融機関や貸金業者というのはお金を貸すことで利子収入を得ているのですから、どんどん借りてもらった方が嬉しいのは確かなのです。しかしそれはちゃんとお金を返せる人が適切に使うケースに限っての話です。

お金依存症的な借金というのは、自制が効かずにとにかくお金を求め続けてしまい、自分が返せる許容範囲を超えて借りてしまうこともしばしばです。

そのような使われ方をすることを金融機関側は望みません。なぜなら、結局返しきれずに自己破産されてしまう可能性が高いからです。

最悪の場合は自己破産、よくても任意整理。どちらにしてもサービスの規定通りに返済ができておらず、利子収入も予定通り入ってこないのですね。

元金が回収できればいい方で、下手をすれば貸し倒れになりかねません。そんなリスクがプンプンする人にはそもそも貸したくないというのが金融機関側の本音です。

お金の使い方が苦手なら

お金依存症的な特性を持っている人は、散々言っているように慎重に借入を利用してください。特定の名目に限って借入を利用するというような限定的使い方ならまだ多少リスクを下げることができるでしょう。

そこまでひどい依存症はないにしても、ちょっとお金に関して自制を効かせるのが苦手だと思うときは、カードローンやキャッシングを使う際に限度額を低めに設定しておくことです。

利用者の自主性に任せられている部分が多いこれらのサービスも、限度額を低めにしておけば借りれる額が限定的になります。誘惑に負けてしまったときも返済不能に陥るまでの大参事にならずに済みます。

借金する前は以上のようなことをちょっぴり確認してみてくださいね。自分はお金の使い方が得意で、借金にあたっての不安はないと思うときは、カードローンでもキャッシングでもガンガン使ってもらって構いません!自分のお金の使い方に合わせて上手にサービスを使ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加