> お金を借りる > スッキリさせたいときオススメ!返済を一箇所にまとめる方法!

スッキリさせたいときオススメ!返済を一箇所にまとめる方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.25

借金をしていてあまりよくないとされるのが、複数の借金です。何社分も借金があって、借入件数が多すぎるような状態。そういう状態だと信用を得づらいとされます。

また、返済が煩雑になり、精神的にもきついということもあります。いくつか借金があるのが悪いとまではいえないものの、できれば無闇に借金の数が増えない方がオススメです。

もしすでに借金がいくつもできてしまったというのなら、返済を一箇所にまとめる方法を取ってみるといいかもしれません。借金ができてしまった後でも借金の数を調整できる方法をいくつかお教えしましょう。

小さな借金は集中して返済!

借金がいくつもあるからといって、それらのすべてが高額の借金とは限りませんよね。借入れ件数はいくつもあるものの、ほとんどは数万から十数万程度の比較的小粒の借金だということもあると思います。

そういうケースなら、それらの借金返済はそれほど難しくありませんよね!小粒の借金を集中して返済し、完済してしまえば件数が一つ減ることになります。

自分の借金の中で比較的小粒だなというものがあるのなら、まずはそれを潰すことから取りかかってはどうでしょうか?

小粒のものを全部潰してしまえば、後は残った借金に本腰を入れて返済していけばよいだけ!これまで分散していた返済金が一箇所に集中することで、残った借金もみるみるうちに返済できていくことでしょう。

借金の件数を調整できる上、新たにローンを利用しなくてもよい方法でお得です!

主要なローンで他の借金を借り換え

今作っている借金の中で、自分が一番メインで使っているローンはあるでしょうか?できればカードローンのような、借りたお金の使途に制限がないようなものがオススメです。

そういうものがあるのなら、それで他の借金を借り換えできないか考えてみましょう。どういうことかというと、たとえば借金A、B、Cがあったとします。Aがカードローンだったとすると、そのカードローンAで残りの借金B、Cを借り換えするのです。

具体的にはB、Cの借金額をカードローンAで新規借り入れし、そのお金をすぐにB、Cへの返済に充てます。すると借金B、Cは完済となり、残ったのは借金Aだけとなりますね。

借金AについてはBとCの借入額分が加わって表面上は額が膨れ上がりますが、少なくとも借入件数は1件に減らすことができました。後はカードローンAの返済をコツコツやっていけばOKというわけ。

返済日や金利がカードローンAの条件に全部統一できるので返済の手間も軽くなります。あくまで例ですが、このような形で借り換えして借金を一本にすることができるのです。

まとめローンの利用

借金を一本化するための専用のローンというものもあります。まとめローンというような名前になっていることが多いでしょう。

これは新規に借入サービスを使うことになるのですが、今ある借金の総額をごそっと借りて、今ある借金すべてをいっぺんに完済に持っていく方法です。

それで、最終的にはまとめローンの提供先だけが自分が利用している借入先として残るわけですから、これも借金を一本にまとめることができるわけですね。

今利用している借入方法ではもう借り換え分の借入すらできないというときなどはこういう方法によってまとめるのがお勧めです。手っ取り早く一本化できますので、状況をいち早く立て直したいときなどにオススメです。

このエントリーをはてなブックマークに追加