> お金を借りる > こっそり借りてる人必見!借金してたことバレる原因!

こっそり借りてる人必見!借金してたことバレる原因!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.06

借金というのは何か不都合があるのかといえば、実際そんなにはありません。しかし借金をしていることが後ろめたく、周囲の人には黙っている人も少なくないのが事実。

黙って利用したなら借金してたことがバレるのも微妙ですよね。黙って利用したなら最後まで黙っていたいもの。借金してたことバレる原因をしっかりチェックしておきましょう!

郵便物に注意!

借金していることがばれる要因として挙げられるのは郵便物です。貸金業者などの場合は顕著ですが、貸付業務しかやっていない業者から利用の通知や利用明細、ローンカードなどが送られてきたとしたら、そこの貸付サービスを利用しているのがばれますよね。

借金というのは名義人が利用するものです。自分宛てに送られてきたそれらの郵便物が誰か別の人のものだということは100%あり得ません。あったとしたら少し問題です。それはつまり名義貸しに協力していることに他ならないのですから。

つまり貸金業者からの郵便物は自分が借金をしていることの動かぬ証拠というわけです。借金がばれたくないのなら、郵便物が自分の家に届かないようにするか、届いても他人の目に触れないように注意するか、何らかの工夫が必要です。

一人暮らしをしている人なら比較的気にせずに済む話ですが、一緒に住んでいる人がいる場合は特に要注意ですね。

電話連絡に注意

こちらも基本的には郵便物と一緒ですね。貸金業者などが個人宛てにピンポイントに電話をかけてきて営業をするなんてことはありえません。

貸金業者がわざわざ連絡を取ってくるということは、まずそこのサービスの利用者だということです。有名な貸金業者だとしたら、電話を取り次いだ人には自分が借金をしていることがばれてしまいますね。

こちらも一人暮らしをしている人なら自宅に電話が来てもそれほど怖くはありませんね。問題があるとしたら同居している人がいる場合です。注意しましょう。

ただ、電話連絡の場合に悩ましいのは自宅ではなく職場への電話かもしれません。こちらの場合だと一人暮らしかどうかは関係なくなってしまいます。

職場の人も「借金の利用がばれたくない周囲の人間」になることが多いでしょう。一人暮らしでも職場の方に電話がかかってきて、職場の人に借金がばれては意味がないですね。

職場は自宅と違って自分が留守にしていても誰かが電話を取ってしまいます。ばれる危険性が非常に高く、困ってしまいますね。

借金がばれたくないのときの基本

郵便物に電話連絡と、借金の利用が周囲にばれないようにするためにはハードルが多いわけですが、基本的なコツを押さえれば危険をグッと減らすことができます。

最近は借金がばれたくないという利用者の声を受けて、下手に借金のことが周囲に知られないように配慮する業者も多いですから、特別に頼んでおけばそう下手なことはされません。心配なら事前に手を回しておきましょう。

その上で、滞納だけをしないように気をつけることです。貸金業者などが利用者に郵便物を送ったり電話連絡をしてきたりするケースは返済の催促であることが多いのです。通常の利用をしている限りは意味もなく連絡をしてきたりはしません。

借金がばれたくないときは、ばれてしまう原因になりやすい貸金業者からの連絡がうかつにこないように手を回し、その上でちゃんと利用すればOKなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加