> お金を借りる > これで借入も安心!借金返済できないときの対応マニュアル

これで借入も安心!借金返済できないときの対応マニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.13

借金を返済できないときの対応を知っておくのはとても大切なことです。万が一の時の対応ということで、避難訓練のようなものですね。

「借金が返せなかったらどうしたらいいんだ」という漠然とした不安を解消し、安心してお金を借りることもできますから、そういう意味でもオススメです。借金返済できないときの対応マニュアルをご提供します。

借金返せない?そのときはお金を作ろう!

借金の返済が苦しいと思えるときは、まずはお金を作ることを考えてほしいと思います。それもできれば「他で借りて返す」という対処療法ではなく、できるだけ自分のお金を増やして返済をやっていくようにしましょう。

自分のお金を増やすという方向で考えると、まず言えるのは「仕事を増やす」ということ。働く時間を増やせば単純にお金も増えますね。そんなに難しく考える必要はありません。

たとえば週一で出られるアルバイトをやるとか、それが無理なら今の職場でなるべく残業させてもらうとか、そういう方向で無理なく働く方法を考えてみてください。

根本的にお金が足りないのではなく、一時的に返済が苦しかっただけならこれで案外しのげるものです。返済もある程度進めば利子も減ってきますし、返済も楽になります。やがては自分のメインの仕事一本で返済ができるようになるでしょう。

もし仕事を増やすという方向でいくのが難しいなら、不要物の売却などを考えてみてはどうでしょうか?リサイクルショップなどを活用して、不要物の処分&お金の調達をやれば一挙両得ですよ。

それでもお金が足りないときは

お金を増やしてみても、それでもお金が足りず、返済ができないときはどうしたらよいのでしょうか?そのときにオススメの対策があります。

返済計画の見直しをオススメしておきます。たとえば一括払いで返済するという話で進めていたけどそこまでのお金は作れなさそうだと思ったら、そのときは分割払いに変更させてもらってはどうでしょうか?一括から分割に変更すれば、驚くほど返済は楽になりますよ。

最初から分割払いだったとしたら、分割期間を変更させてもらってはどうでしょう?一年で返す予定だったのを倍の二年に変更させてもらえば、月々の支払いはかなり楽になります。

根本的解決になってないと思いますか?そんなことはありません。返済計画を変更することで問題なく返済できるなら、それで返済はOKなのです。

多少の変更はあったとしても、問題なく返済できたという扱いになります。貸し手から特別に取り立てを受けることもありません。

しかし返済計画の変更を拒み、無理に返済しようとして失敗したとき、その事実は滞納以外の何物でもありません。それは非常に印象も悪く、貸し手から取り立てもされてしまいます。

返済計画の見直しには案外簡単に応じてもらえますから、素直に変更させてもらいましょう。そちらの方が賢い方法です。

デッドラインを越えてしまったときは

借金が返せそうにないではなく、すでに借金を滞納しまくって後がない。こういう状態だったとしたらどうでしょうか?

返済計画を見直しさえすれば自力で返せそうなら、金融機関に相談してみましょう。今からでも返済計画を見直させてもらえるかもしれません。

ただし、すでにある程度の信用を失っている状況ですので後がありません。返済計画を変更させてもらえるのなら、かなり余裕を持った計画にするようにしてください。

もしそういうことも難しく、自力での返済が難しいと思うなら、そのときは夜逃げや踏み倒しなどをやるよりも、素直に任意整理や破産を考えることを勧めます。すでに状況が詰んでいる中、いたずらに長期滞納を続けても出口はありません。

借金が返せないときはどうしたらいいのか。以上のような対応がオススメです。よく覚えておき、キャッシングを利用してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加