> お金を借りる > 個人で300万借りるなら欲しい年収のライン

個人で300万借りるなら欲しい年収のライン

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.20

借金をするときに気になるのは、そもそも自分がそのお金を借りれるのかどうかという点ではないでしょうか。1万や2万程度ならいいのです。働いている社会人でその程度も借りれない人はおられないでしょう。

これが個人で300万借りるとかいう話になるとどうでしょう?微妙なところですね。どれくらいの条件があればこれくらいのお金も借りれるのか、一緒に確認しましょう。

これくらいあれば安心!?必要な年収のライン

個人で300万ほど借りるとき、審査で手間取ったりせずにおそらく借りれるだろうという年収のラインを引くとしたら、借りたい額を3倍してみてください。そうすれば欲しい年収のラインが見えてきます。

借入するときに考えたいのは総量規制という存在です。消費者金融などで借りるのなら、借りれる額は年収の3分の1までと決まっています。

法律によるかっちりとした規定ですから、逆にいえば借りたい額の3倍近い年収がないと欲しい額に届きようがないということになります。

融通が利かない面倒な規定のようにも思いますが、どれくらいの年収があればいくら借りれるのかという関係がハッキリ見えるという利点もあります。300万借りたいなら単純計算で900万近く年収があればよいでしょう。

年収900万以下の場合

年収が900万を切っている場合、消費者金融などで300万近い借入をするのは難しいかもしれません。総量規制を破ってまで融資してくれる業者はまずありませんから、ここは一つ別の手を考えましょう。

借りたい額が自身の年収の3分の1に収まらない場合、総量規制を外すことを考えましょう。総量規制を外してしまえば年収900万以下でも300万借りることができるかもしれません。

総量規制を外すのは簡単な話で、銀行を使えばいいだけです。銀行は総量規制の対象にならないと法律で決められているため、単純に銀行で借りるだけで総量規制のことを考えなくてよくなります。

年収が900万を切っていても、銀行で頼めば交渉次第で300万借りることができるかもしれません。ただし、その判断は銀行次第です。審査結果にもよりますから、絶対ではありません。そこは注意してください。

高額借入したいならある程度の返済力は必要

総量規制を外すことのできる銀行でも、借入額がおよそ年収の3分の1の範囲に収まっていることは重要だとは言っておきます。健全な借入の目安として、借入額が年収に占める割合としてそれくらいが限度だとよく言われているからです。

それを超える利用もナシではありませんが、返済力がある程度以上の水準にいっていないと、なかなか信用を得られないかもしれません。

特に300万というお金は少額ではありません。高額キャッシングの部類です。ましてそれを300万借りるにしてはやや年収が頼りない人が借りようというのです。銀行側も慎重になる可能性があります。

年収700万から800万程度ある人なら融通を利かせてもらえるかもしれませんが、年収200万から300万程度の人が銀行から300万借りれるかどうか、かなりきわどいところですね。

ローンの種類や状況、金融機関の方針にもよりますから何ともいえませんが、銀行に頼めばどんな額でも借りれるとは思わないでくださいね。

ちょっとでも審査のハードルを下げたいならキャッシングやカードローンを選んでみるという手もありますし、それらを活用して300万を一度に借りるのではなく、何度かに分割して借りるという手もあります。

一度に借りるのが難しいときはこういう小技で調節してみるということもオススメしておきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加